人気ブログランキング |

みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

2018年 03月 20日 ( 1 )

味噌と醤の仕込み

e0155231_16262580.jpg
日曜のサンデービルヂングマーケット、たくさんのご来場本当にどうもありがとうございました!
冬は終わったようなこの数日(桜が咲き始めていますね!)だったので、人の出も多く、ありがたいことに
とても忙しい一日でした〜〜
たくさんのお客さん、リピーターさんも大勢来ていただいて本当にありがとうございました
また、いつもお世話になっている主催のみなさま、出店者のみなさま、どうもありがとうございました!

次の出店は、今週末のナガシマリゾートに2日間です。よろしくお願いします!





もうかれこれ数週間前の話ですが(2月末〜3月頭)、今年も味噌を仕込みました 写真は去年のもの。
今年のを入れるために樽をきれいにしました。味噌作りも3年目になり、だいぶ味噌貯金が出来てきたので、
今年のものは、3年味噌、5年味噌まで育てられそうです

あと、写真がないのですが、新商品の「柚子なんばん醤(仮名:ゆずなんばんじゃん)」も仕込みました
家庭用に何回も作っていたのですが、今回初めて新商品用にちょっとまとまった量を仕込みました

「柚子なんばん醤(仮名:ゆずなんばんじゃん)」って何ぞ?という方にご説明させていただきますと
(何ぞ?という方しかいないはずです。すみません。、、、)

弊店のオリジナル柚子胡椒「御嵩柚子なんばん」をベースに作った辛味噌のようなものでございます
自分たち用に作っていた基本レシピに加え、原料の分量を少しずつ変えて9種類の試作も仕込みました
早ければ今年の夏前、遅くとも秋には発売の予定です

我々ながら、新商品まで薬味調味料って!どんだけ好きやねん!とつっこみたくなるのですが、
夫も私も、そんな自覚なかったけど、薬味調味料好きなんやなぁ〜と最近思います
いろんなマーケットに行きますが、こんな薬味調味料ばっかり売ってる店なんかないですもん
家の冷蔵庫にも、夏冬それぞれに仕込んだソースの瓶がやたら並んでいます
時間を置くと、なじんで美味しくなるものを作るのが、なんか好きなんですよねぇ、、、

「御嵩柚子なんばん」は、義父(夫の父)が20年来、手塩にかけたレシピで製造しておりますが、
わたし自身、もともとかなり柚子胡椒好きで、山小屋に働きに行って夫と出会う遥か昔、京都で一人暮らしをしていたころからかなりの種類の柚子胡椒を食べていました。あらゆる柚子胡椒、とまではいきませんが、いろいろ食べ尽くした結果、これが
美味しい、と思うものを山小屋に持ち込んで食べていたら、ぽっと働きにきた人が、「親父が作っている柚子胡椒だ」と、山に持ってきたのが、振り返れば、わたしと「御嵩柚子なんばん」の出会いでした

それが目が覚めるほど、それまで食べていたものとは比べ物にならないほど、美味しかったのです

まさかそのときは「御嵩柚子なんばん」とこんな密な関係になるとは想像もしておりませんでしたが、、。
当時は、現在のように販売ベースでは製造しておらず、夫(当時は同僚)から「もらう」しかルートがなかったようなものでした。(少し販売していたそうですが。)その後結婚し、家族で手がけたものを販売する店を始めよう、と夫婦で始めた商店で、まず看板商品に、と選ばれたのが「御嵩柚子なんばん」だったのは当然の流れだったように思います

そこに夫の木工、義父のほしいも、わたしの柚子茶を加えて、現在のスタメンになっているわけですが、
ここに新たに辛味噌を加えよう、という訳でございます
(ちなみに、わたくし柚子胡椒に並んで柚子茶狂いでもありました。いま、10年前の自分が食べていた柚子胡椒&柚子茶を思うと、なんて安心安全なものをいつでも食べられる自由を得ることができたか、、、!ありがたい、、、)

辛味噌は、まだ作ってから2、3年と、柚子なんばんほどのキャリアはありませんが、
ここ数年作っている手応えでは、これまた辛いもの好きな人は、きっと美味しいと思ってくれるはず〜〜!と思ってます

そして、、実は今週あたりでみたけさいとう商店を開業してから丸4年が経ちました(ひっそり)
たしか3月のいまごろ、ウェブショップをオープンし、初めての出店をしたような気がします(出店は4月だったかも)
みたけさいとう商店に売ってるものは、どれも美味しい!と思っていただけるよう
これからも精進して参りたいと思っておりますので
今後ともみたけさいとう商店を、どうぞよろしくお願いいたします!























by yuskaupstaourr | 2018-03-20 00:21 | みたけさいとう商店 | Comments(0)