人気ブログランキング |

みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

西表島〜ヤラブの木陰〜in 船浮

e0155231_01394242.jpeg
いつの話、って感じですが、、、7月の頭に夏休みをいただいたとき、西表島へ旅行ました。そのレポートです
実は結婚してすぐの頃、二人で行ったことのある場所なのですが、
今回おちびさん二人(1歳目前と3歳児)連れて初の遠出だったので行ったことのある場所にしました。
が、、、、行き方とかわかってても思った以上に移動は過酷でした(汗)

とはいえ、着いてしまえば都!な場所だったので、着いてからはゆったり過ごさせていただきました〜〜〜
石垣島までは飛行機に乗って、そこから港へ移動し、高速船で西表島へ(50分ほど)。
上原港のほうが最終目的地である船浮は近いのですが、
前回大原港から入ったので、大原も行きたくて大原港から入島しました
(結果、上原からのほうがやはり正解だったかな、、、
とはいえ微々たる差ですけど。ちびさん二人連れはちょっとでも
アクセスはよくするべしだなと。)
我々はちょっと色々寄り道もしたので大変でしたが、大人だけでまっすぐ行けば、思いの外アクセスいいと思います。石垣島まで直行で行って(セントレアからだと2時間半か3時間くらい。関空だと2時間くらい、そこからバスで港へ行って、フェリーで1時間で西表島には入れるので、朝出れば昼過ぎには着くかも。子連れだと、各下車ポイントで、おしっこだオムツだオヤツだ、と色々あるので、そんなにスムーズにいかないですが。


大原港からバスで白浜へ。こちら日本再西端のバス停で、大原よりいくつか手前のバス停が日本最南端のバス停らしい!
ここからもう一回渡し船に乗ります。(10分程度)



前回の舟浮 ←参考までに。
カテゴリー沖縄 →こちらからは西表のジャングル登山や縦走などご覧いただけます

e0155231_01400718.jpeg
で、到着するのがこちらの船浮の集落です〜〜 ↑港。




e0155231_01402606.jpeg
港でもこの澄んだ海、、、地元の人からしたらここは生活排水流れ込んでるから〜って感じなんですけど、
それでも綺麗。何回か泳いだくらい。(地元の人からすると信じられん、、、って感じなのかもだけど、、、)
船浮にはイダの浜という美しい浜があり、徒歩でいけるんですが、すぐ近くなんだけど
こどもたち連れて行くのは思ってた以上にハードルが高く、イダの浜行ったのは二回くらいで、それ以外は
だいたいこっち側の海で泳ぎました(↑船が着く場所でも泳げるくらいだし、そのの両脇はさらに泳げる)

イダの浜はまた別でアップします




e0155231_01403952.jpeg
こちらが船浮のメインストリート。車は数台しかなく、舗装路はなし。



e0155231_01413692.jpeg
港から歩いて2~3分の、こちらのレンタルコテージに滞在させていただきました



e0155231_01420334.jpeg
コテージの裏でカレー屋さん(カレー屋ぶーの家)を営むご夫婦の経営するコテージ。
ものすごく優しいご夫婦、ご主人のセルフビルドの小屋です。



e0155231_01421906.jpeg
一瞬で生活感満載。
ちなみに向かって左側にもう一軒コテージがあって、そこは長期滞在でずっと住んでいる方が見えます。
鶏を飼ってみえていつもそこらじゅうをはしりまわっています!かわいい。
泊まって次の朝、生みたてのたまごを三つ、ウェルカムエッグとしていただきました。嬉しかったなぁー



e0155231_01424538.jpeg
ハンモックにゆられてヤラブ(大きな樹がヤラブの樹です)を眺められるようにと、屋根はほとんど枠のみ。
ウッドデッキ裸足でうろうろしたかったのでモップかけしました


e0155231_01430399.jpeg
お絵描きセットは長女のおもちゃ。
目の前が海で、一番最初の写真の海があります
近所の女の子がここに遊びに来てくれるんだけど、こういう「家でも外でもない場所」って憧れるなぁ、、、
日本の縁側ってまさにそういう役割を担ってたんでしょうが、最近はそういう場所に人が座ってたりすることが
少ないような気がします。少なくともうちの近所にはいない。
自分も含めて、家の中にいるか、外にいるときはだいたい目的があって、そのための移動の途中。何もせず、外に座ってることってあんまりない気がします

ここにいるとオーナーご夫婦を始め、集落の人、旅人みんなとそう望んだときにはいつでも話ができます




e0155231_01432861.jpeg
↑着いてすぐ眠る人たち
新しい(今年の3月かな?にオープンしたばかりだそう)ので、内装もとってもきれいです
左手にキッチン、手前にテーブル、キッチンは必要なものはなんでも揃っていて使い易いです!
食器も炊飯器も、冷蔵庫もオーブンレンジも、なにもかもあります。
食材は持ち込みですが、足りなくなったらオーナーにお願いしたら買って来てもらえます
(船浮には商店がなく、バス停の白浜が最終お買い物ポイント。上原港や大原港か石垣島のスーパーでお買い物して運ぶか、事前に発送するか(本州からの荷物は4日くらいかかるかも)です。我々は家から持って行って、生鮮食品は白浜や大原、上原で買いました

奥のドアにシャワーとトイレ。洗濯機もエアコンもあります。wifiも。なんとテレビまで。掃除機も。
シャワーとトイレには、別にドアがあって水着のまま外からも入れます。便利ー!

ベットはこれだけで、お願いすれば布団が借りられるのだったかな?うちはシュラフやマットを持ち込んだので曖昧ですが




e0155231_01434866.jpeg
すぐ裏手にあるカレー屋ぶー。美味しい〜〜ご主人の穫ったリュウキュウイノシシのカレーいただきました
こちらシャワーのレンタルもあって、行ってから気がついたのですが、6年前に船浮に来たときは、ここのシャワーを
借りました!すごい偶然!(凄い、って言ってもそもそも船浮に泊まるとことかシャワーとか、そんないくつもあるわけではないんだけど、、)

当時はレンタルシャワーは母屋のシャワーだったのが、このウッドデッキの裏のお庭のところに、シャワーボックスが建てられていました

信じられない程に親切なオーナー夫妻、日常を忘れてのんびりしたい方には超絶おすすめの宿です。
子連れにもものすごく理解を示していただけたので、本当に本当に有り難かったです、、、
(借りたものをを大人が壊したり(汗)子どもが壊してしまうというアクシデントもあったのですが、笑って許してくれて、、、(涙)
本当に感謝しかない、、、)

なんもしたくないーぼーっっとゆっくり朝ご飯作って美味しいコーヒー淹れてゆっくり飲みたい、
眠くなったら昼寝して、気がむいたら海で泳いで、、、みたいなことが好きな方、老いも若いも両方の方におすすめ!

わたしは三度のごはんこどもたちに食べさせてお風呂入れて寝かしつけて、、、と日常の喧噪とそう変わらなかったですが
とはいえ、雑事から解放され、おやつを焼いたりする心の余裕を取れました!

南国好きの方、ぜひどうぞ♡












by yuskaupstaourr | 2019-08-22 01:49 | 沖縄 | Comments(3)
Commented by 本望 at 2019-08-28 18:03 x
いいなあ~
9月の上旬に夏休みをとって、夫婦で石垣と西表に行きます。
宿泊はしないのだけど、船浮集落(イダの浜メイン)にも行くつもりです
Commented by yuskaupstaourr at 2019-08-29 07:06
コメントありがとうございます
こんなところでお久しぶりです!

ええー!なんと。それはぜひとも一泊くらいはしてほしいものですが、、、ヤラブの木陰は、2泊〜だったけど、、、

イダの浜も、写真だけアップしてまだ公開記事に出来てない。近々アップします
6年前よりは人も増えてたけど、(ツアーで船で直接ホテルのビーチから来てるらしい)それでも美しいビーチだよ

シュノーケル持ってくと楽しいと思います!向かって右側がいいらしいです
(注 持ってったことないんだけど、、!1回目は知らなくて、2回目は知ってたけど子連れだったので諦めた。シュノーケルは、集落の宿などでレンタルも出来ると思います)9月ってどーなんだろ。
泳がないか?
よい旅を!
Commented by yuskaupstaourr at 2019-08-29 10:53
追記
夫が、西表島縦走、オススメ!とのこです。日帰りなら、古見岳登山も!!