みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

謹製ほしいも制作風景

e0155231_13173384.jpg
謹製ほしいもは、義父(夫の父)が栽培から、パッキングまですべてを担っております
今年のおいもは甘く、そしてたくさん出来たので、ほしいも製造は一ヵ月ほど早く始まったにもかかわらず、
去年は2月中にすべての作業は終わっていたと思うのですが、3月末となったいま、ようやく終わりが見えてきたようです




e0155231_13175280.jpg
品種はほしいもにぴったりの「ベニハルカ」
最近は、「無農薬ほしいも」と書かれているものであっても、土壌の消毒はされていることが多いらしい、、、!





e0155231_13185157.jpg
コガネムシがかじるので、販売用のおいもは土壌消毒されることが多いそうです(↑左 コガネムシのかじった跡)
みたけさいとう商店の謹製ほしいもは、無農薬は勿論のこと、土壌の消毒も行なっておりません
安心安全のほしいもです




e0155231_13195127.jpg
庭に設営された、ほしいも干し台。娘が食べていいのが場所が決まっていて(B品)、そこから勝手に取って食べてます
生まれたときから、「ほしいも自由権」が与えられているなんて、羨ましい人生、、、!




e0155231_13201949.jpg
去年から、苗作りには発酵苗床が導入されています
落ち葉や鶏糞などを入れ、地面を高くして中の温度を上げ、苗の成長を助ける自然の力を利用した苗床
主に寒冷地で発展した、昔ながらの先人の知恵だそうです
おいもの苗はもちろん、サボテンとかそういうのを育てるのにもいいそうです

昼間は暑くなりすぎるので、ここ数日の陽気ではカバーが開けられていました
もう春ですね!















by yuskaupstaourr | 2018-03-27 01:00 | みたけさいとう商店 | Comments(0)