人気ブログランキング |

みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

頭皮のはなし

まったく御嵩斉藤商店と関係のない話なのですが、、、

もともと、関係のない話ばかりのブログでしたが、最近は商店関連の記事しかアップしていないので
逆に気がひけるのですが、、、


さて、何かというと唐突ですが、わたくしの頭皮の話です
だいぶ前の話から、始めなければなりません

--------------------------------------------------------------------------------------------


(ものすごく長くなったので、MOREにしました。興味のある方だけどうぞ〜 本当に長いです!!)








遡ること9年くらい前、当時京都で暮らしていました
そんなあるとき3週間ほど仕事のお休みをいただいて(よくもらったなぁ、、、3週間も、、、)
シベリア鉄道にてフィンランドを目指しながら同行のミュージシャンの方と作品制作をするという旅に出ました
彼女はパフォーマーで、紙芝居を使って様々なパフォーマンスの作品を作っておられまして、
わたしも紙芝居の絵を描くのと、つたない演奏でパフォーマンスのサポート役?のようなことをしていました

頭皮のはなし_e0155231_23425222.jpg

こちらが帰国後の展覧会のDM画像

展覧会のお知らせの記事
なつかしい、、、
シベリア鉄道の写真アップしたかったのですが、去年パソコンがクラッシュしたので、ぱっと出せるとこに
画像がなくなってしまいました



それまでの人生、二十数年間(当時)、シャンプーやリンスなどで基本的には毎日洗髪、というごく一般的な
頭皮および、毛髪ケア生活を送っていたのですが、、、
シベリア鉄道は5泊6日で、北京からモスクワまでずっと電車に乗ったままで、6日間頭を洗わないという
初体験をしました
それはそれは頭がかゆくなり、モスクワのホテルでガシガシ洗ったときの快感はいまでも覚えています

そしてそのとき(快感)は良かったのですが、、、その旅のあと何年にもおよぶ、フケがたくさん出る
という後遺症に悩まされることになりました、、、





頭皮のはなし_e0155231_2350038.jpg


その2〜3年後に転職し、長野県の八ヶ岳にあります山小屋「黒百合ヒュッテ」に就職しました(↑3月の山の様子)
その職場は、水源のない山小屋だったため、基本的にはお風呂は週に1回、という暮らしでした
(標高が高いため、下界のような不快な1週間ではありません。真夏以外は全然平気です
真夏でさえ、4日くらいに1回でじゅうぶんさっぱり、ってかんじです。ものすごく汗をかく仕事をすれば別ですが)

当時もシベリア鉄道の後遺症は、完治していませんでした
そのうえ、それまでの頭を洗う回数が年間平均330回くらいだったとしたら、山での暮らしは
年間平均が、、、100回くらいになるでしょうか(休暇など、下界にいるときも含めての計算上ですが)
山では、シャンプーを流したりしてはよくないと思い、出来るだけナチュラルなもの(石けんシャンプーなど)
で洗っていましたが、休暇で下山しているときには、普通のシャンプーを使っていました

ごしごし洗っても、後遺症はとくにおさまらないまま、週一回の洗髪は3日ほど経つと頭がかゆくて
仕方ありませんでしたし、たまの洗髪はフケが増えるばかりのような気がしていました

ちなみに山小屋勤めのあいだに、18日間無洗髪を経験し、シベリア鉄道の記録(自己ベスト?ワースト?)
を塗り替えました
(真冬、吹雪や体調不良といった不運が重なり、記録を作ってしまった、、、
↑冬は、登山口の温泉まで下山してお風呂のため、吹雪くと行けないのです)


ほんで、なんの話やねん!!というくらい長い前置きになってしまっていますが、、、


頭皮のはなし_e0155231_23153920.jpg

その山小屋勤めの途中で夫と知り合い結婚し、いざ一緒に生活を始めたころ(と言ってもまだ山小屋で仕事でしたが)
頭がかゆい、というと、当時のわたしには驚きの裏技を告げられました
(写真は、頭皮の話をした記憶のある休暇中に行った西表島の写真)



「シャンプーであたま洗うからかゆいねん。お湯で洗えばいいねん」



ええーーーーと思いましたが、そうなのか、、、と思って、それ以来極力お湯で洗うようにしました
でも、あいかわらず3日目くらいから、かゆくてかゆくて、という変化のない山での暮らしでした

もう自分は何をやっても、頭のかゆい人生を送らねばならないのだ、、、そう思っていました


-------------------------------------------------------------------------------------


さて、ようやく結論に近づいてきました
それから3年くらい経ち、最近ふと気がついたことには、、、

去年の12月(先々月)くらいから「頭がかゆい」ってことがなくなってきたのです
後遺症もずいぶんおさまってきた気がする
というか、かゆくない→かかないので、でないのでしょう

30年以上使いつづけた化学の力が、及ばなくなるのに3年かかったということなのでしょうか
ようやく頭皮から、シャンプーの影響が薄れたのでしょうか
なんでも、良くなる前にいっぺん悪くなる、好転反応というものがあるようですが、
この3年はそうだったのかもしれません

とにもかくにも、頭のかゆい人生から解放されました

頭のかゆい方、お湯で洗うのおすすめです!

けど、ずーーーっと毎日、洗髪する人生を送っていたら、そのような不都合は現われないのかもしれない
わたしもシベリア鉄道、山小屋での極端に洗髪の少ない数年を経なければ、出現しなかった現象かもしれない
不都合がなくとも、頭皮から化学物質の影響をなくしてみたいな、という方には「湯洗」おすすめです
3年くらいは変化なしの覚悟で、、、


いやはや長くなりました 書くのも2日に分けて書きました、、、
ご清読どうもありがとうございました おつかれさまでした〜〜

めっちゃどうでもいい内容〜〜
by yuskaupstaourr | 2016-02-15 23:39 | 記録 | Comments(2)
Commented by ながひゃす at 2016-02-19 19:44 x
なっが!!
Commented by yuskaupstaourr at 2016-02-20 23:14
つっこみ、ありがとうございます!!