人気ブログランキング |

みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

旧正月


旧正月_e0155231_16394841.jpg


旧暦のお正月は今年は2月8日でしたね
昨日、今日となんとなくお正月っぽい日を過ごしました 雪も降ったし、、、

闘病していた愛犬は先週末に息を引き取りました(↑灰色のほう。茶色いほうは元気です)
やはり、心臓病と腎不全のセットは長生きできないんですね、、、
心臓病をケアすると腎臓に負担がかかり、腎臓をケアすると心臓に負担がかかる
もともと歳も重ねて、歯が歯周病でやられたところに来たので、一気に全身にガタが来た、そんなかんじでした
ちょっと前の記事で、食べれるものをなんとか食べさせている、というようなことを書いていたのですが
その直後くらいから、それもほとんど難しい状態でした

でも亡くなる前の前の日、急に元気になったときがあって、
一日中食欲があって、なんでもかんでも食べる!!という日があって(1月中旬からほとんど食べれなかったのに)
これは、腎臓がよくなってきたのかも、と期待した一日があったのですが、、、その次の日はいつもと同じ
その次の朝には、朝には昏睡状態のようなものに近くなり、正午に亡くなりました

しかし動物ってすごい
元気なときからすごく手のかかる子で、まるで赤ちゃんのような犬でしたが
結局寝たきりになったのは最後の半日だけでした
亡くなる前の日の晩まで、自分の足で歩いて水を飲んでおしっこしていました

歩いてベッドまでもどり、めずらしく「一緒に寝かせて」とアピールし
(元気なころはいつもそうでしたが、病気してから、ほとんど一人で寝ていました)
一緒に寝て、朝にはもう意識が飛びかけているような状態でした

赤ちゃんみたいなやつだなぁーと思っていましたが、とんでもなかったです
自分がそういうふうに最後を迎えられるだろうか、と思ったら、、、
まったく出来るか出来ないかわからない、、
でも、見習わなければと思いました 最後も非常におだやかなものでした

夫とわたしと茶色い方の犬で看取ってやることができ、その次の日家族みんなで埋葬式をしました
ちょうど旧暦の年の瀬でした 


旧正月_e0155231_16442563.jpg


手がかかる子ほどかわいいとはよく言ったもので、もう何にもしてやれることがないのだ、と思うと
さみしくてしょうがありません
でもこれ以上苦しまなくてよい世界に行ったのだと思えば、、、
さみしいのはしかたないですね!

なんだかんだ仕事もあって、やることがあるというのは有り難いことですね
掃除したり、ごはん作ったり、仕事したりしているうちに、悲しみが和らいでゆくでしょう

茶色いほうの子が元気なのが救いです
この一ヵ月、10年来の友人が具合が悪そうで遠慮していたのでしょうか
闘病中は、怒るでなく、すねるでなく、おとなしかったのですが、最近ものすごく甘えてきます
彼女なりに、我慢してくれていたのだなぁと感じています
わたしたちより、さみしいだろうし、、、彼女を見習って元気にやっていこうと思います
by yuskaupstaourr | 2016-02-09 17:29 | 記録 | Comments(0)