人気ブログランキング |

みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

ハッピーヒルとマーマーマガジン

6/8の暮らしの陽だまり市(岐阜市)のとき、「種まく旅人」なる方が来ていまして、種をいただきました
その種がこちら
ハッピーヒルとマーマーマガジン_e0155231_2140229.jpg

その名も「ハッピーヒル」(=福、丘、、、ではありませんが岡、でハッピーヒルらしい)
福岡正信さんという自然農法の産みの親と言われている方が多収穫の米を交配させて作った種だそうです
「種まく旅人」さんが、偶然手に入れ、無農薬栽培したものを封筒に入れたものをいただきました

どんな種かっていうと、種に一緒になっているメッセージから引用(途中から)↓

「〜(略)〜、一粒って、小さいですが、実はパワフルなんです。例えば、通常の米一粒から一年目は2000粒(ご飯一杯分)できます。2年目にそれを全部撒けば、88キロの米ができます。それをまた全部撒くと、3年目は176トン(日本人2750人の一年分のお米)の量です。最低の米の値段で計算しても約3520万円の価値になります。もちろん田んぼの面積も広いし、労力も要りますが、その始まりがたった一粒の種であるのは驚きです。さらに5年目には110億人分!このハッピーヒルならば、3520億人分!食料危機もたった一粒から5年で解決するどころか、全人類の50年分!計算上のことではありますが、この一粒の価値は底知れぬパワーと永遠性があります。

興味があれば、育ててみてください。種まきは米は4月、小麦は11月。米はバケツに土と水を入れても育ちますし、地面に撒いても育つ品種です。小麦は土に撒きます。どちらも芽だし時期は水をたっぷり。詳しくは書けないので、農家の人に聞いたり、ネットや本で調べてください。農家の人は優しい方が多いので、農閑期や時間があるときなら、丁寧に教えてくださるでしょう。

私の願いは昔からの在来種や固定種を無農薬で自家栽培する、つまり食の自己防衛です。食の安全が危ぶまれていますが、一番良いのは自分で作ることです。自分で作ると自然のことも段々わかってきますし、我々の奇跡的な存在も奇跡的な地球のこともわかってくるかもしれません。栽培できなければ、このまま冷蔵庫にしまっておいてください。いつか食糧難になったときに、家族や周りの人々を助けることになるかもしれません。〜(略)〜」


こんな種なんです!すごい〜〜
そして、この種を配って島根から日本縦断されているというわけ
わたしたちがいただいた種は1754人目/10000人と、1756人目/10000人

近所ですでに育てている知人の方達もいらっしゃいます
わたしたちはとりあえず、、、今年は冷蔵庫にいれて置こうかな。育ててみるのが楽しみです


種、ありがとうございます!道中、くれぐれもお身体にお気をつけて
種まく旅人ーハッピーヒルー


ハッピーヒルとマーマーマガジン_e0155231_21404352.jpg

そして、それ以来(6月頭)福岡正信さんのことが気になっていて、
また別で4月か5月頃、遠くフィンランドに住む姉から「マーマーマガジンの事務所が、そちらの近所に引越すらしい」
(→美濃市)という謎めいた連絡があり、これはこれでずっと気になっていました

そしたら、先週のMMWTT YAMANANYA(ムムットヤマナンヤ=御嵩斉藤商店出張展示販売)のとき、
一日目に来てくれた方が、「マーマーマガジンを仕入れてきた」と言って、持っておられたので
おおー眼前に登場した!と思い、3冊購入
家に帰って読むと、そこには福岡正信さんの写真が!紙面には、お孫さんのインタビューが掲載されていました


そんなリンクでしたので、てんでバラバラの内容ですが、一つの記事にしてみました、、、

マーマーさんのほうは、夏にはショップもオープンするらしい
行ってみないと〜〜〜
by yuskaupstaourr | 2015-06-25 22:20 | 記録 | Comments(0)