人気ブログランキング |

みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

アンナプルナ・トレッキングー3日目ー

アンナプルナ・トレッキング2日目

↑からの続きになります


アンナプルナ・トレッキングー3日目ー_e0155231_23243215.jpg


3日目のジヌーの朝 さわやかで気持ちのよい朝

トレッキング中のロッジの支払いは、全ロッジ共通で朝の出発前にまとめての支払いになります
到着して部屋を決めると、ルームナンバーごとに伝票をつけてくれて、それを朝に会計するというシンプルなものです
ジヌーのホットスプリング・コテージはおかみさんがかわいくて、忘れ物してしまったため帰りも泊まったのですが、ちゃんととっといてくれました ありがとう!

しかし、出発の朝はとても緊張していました、、、!
なぜなら、全行程の中でも一番きついかも、という噂のジヌー→チョムロン→、、だったからです

噂通り最初からずっと登り。しんどかった、、、
アンナプルナ・トレッキングー3日目ー_e0155231_23254217.jpg


ジヌーからチョムロンは登りでしんどいのですが、チョムロンは坂しかないとても大きな村で
ジヌーから来ると村の一番上に着き、そこからずっと村の下(沢)まで下るんです
何が一番つらかったかというと、帰りもこれを登らないとジヌーに戻れないのか、、、と気づいた瞬間でした


アンナプルナ・トレッキングー3日目ー_e0155231_2326940.jpg

えんえん下り坂


アンナプルナ・トレッキングー3日目ー_e0155231_23263964.jpg

大きな橋が架かっていました 沢まで下りなくて良かった


アンナプルナ・トレッキングー3日目ー_e0155231_2327431.jpg

そこからまた延々登る、、、このあたり、ほんとつらかったです
橋を渡り登り始めたところで出会ったドンキーの群れ
カラカラカラ、、、と聞こえて来たら、さっと道を開けます 


この日は午後になると急に空模様が怪しくなってきて、シヌワまで行く予定だったのですが、その手前のダルフィ?到着1分前にいきなりの雷が!
ポツポツ降って来たなと思ったころにちょうどロッジに着いたので、助かったのですが、到着して一分もたたないうちに真っ白にホワイトアウトし、すごい落雷&暴風雨に。
ロッジのひとは、上の方は吹雪だと言っていました 幸い遭難などはなかったようですが、
風のつめたさと、天候の急変に、厳しい場所に来たのだ、とこの日を境に気持ちが引き締まりました
これまで、暖かくて非常にのんびりとしたハイキングのような感じでしたから、、

アンナプルナ・トレッキングー3日目ー_e0155231_23274418.jpg

これは朝になって撮影した写真ですが、「リアルシヌワコテージ」って書いてあったので、
シヌワだ!と思ってたら、ダルフィだったっていう、、、
このへんは、ロッジの名前に騙されることは多々あります!

ここの宿のお兄ちゃんはなかなかギャグセンスの冴えたプロゴフファー猿似の、おもろい人です
忘れ物したって言ったら電話をかしてくれて、最終的には電話で事情の説明までしてくれました
電話代払うっていっても「いいって、いいって」と言って受け取ってくれませんでした
ネパール人ってこういうとこあるから一緒にいて気持ちがいいです ありがとう!

アンナプルナ・トレッキングー3日目ー_e0155231_23311736.jpg


さて、このへんの標高から、基本部屋の壁はベニヤ丸出しになってきます
隣同士も音が筒抜けなので、部屋を出ずに部屋にいる同士で延々おしゃべりし続けるチャイニーズが多くて、夜寝る前がうるさくて大変でした
最近はトレッカーの5〜6割は中国人だと思いますが、日本に大阪あり、世界に中国あり、と言った感あり

アンナプルナ・トレッキングー3日目ー_e0155231_23314738.jpg


ベニヤは、こんなに社名が入ってたら嫌がられない?とふつう考えてしまいそうですが
そのままインテリアとして活かせるネパール人、さすがです
by yuskaupstaourr | 2015-03-20 21:55 | 山行 | Comments(2)
Commented by Yoshie at 2015-03-21 18:58 x
中国人強し!!
Commented by yuskaupstaourr at 2015-03-21 23:18
トレッカーの半数近くは中国の人で、世界中のどこの人よりもおしゃべりなんじゃないかと思いました
すごいっす!