みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

<   2015年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

アンナプルナ・トレッキングー6日目(前)ー

アンナプルナ・トレッキングー5日目(後)ー

↑これの続きです


e0155231_20501443.jpg

6日目の朝 8:30頃出発
ここからアバランチ・リスク・エリア、つまり雪崩リスクのあるエリアというわけですが
なだれるような雪はもうついていませんでした 雪が多い時期は、早朝の陽が当たる前に通過がベスト
わたしたちも、下の方でそのように聞いていたのでペースを調整してデウラリで泊まらないとと思って
そうしましたが、結果的には午後通過しても大丈夫そうでした





e0155231_20505177.jpg

電線はここまで来ていました、、、このへんまでwifiまで使えるのです!!(使わなかったので使用感は謎)
変な話ですが、実はネパールでは山のほうが電気事情がよいんです
カトマンドゥやポカラは、人口が多いので毎日計画停電で一週間に2日くらいしか夜は電気がないし、
携帯やデジカメなどの充電や、wifiを使ってメールを送信したり調べ事をしようと思ったら相当計画的にやらないと
一週間くらい平気で経ってしまいます
山の上は建物が少ないから、電線が来てる民家は毎日電気がつくし、一日中充電もwifiもできる
標高2400mくらいまでは、結構人が住んでいるので夜景がきれいだったりしました
首都では見れない夜景が、山の奥に入れば入る程見れるというミステリー
日本とは真逆でした 日本の山では夜はまっくらになり、電気がないことで山にいるなあって実感します
ヒマールでは夜景こそが山でしか見られないものでした

ここより上はさすがに電気来てなかったと思いますが、上限がどこだったか定かではありません





e0155231_20511821.jpg

9:00頃になっても、ちょっと曇っていたこともあって寒い寒い
雪がだいぶ増えてきました



e0155231_20514512.jpg

ところどころ凍った道が出て来て、軽アイゼンはあったほうがよいです
(最悪なくてもなんとかなりそうだったけど、怖いし時間がかかるでしょう)



e0155231_2052472.jpg

太陽が待ち遠しい(毎日おんなじこと書いてますが)
右からマチャプチュレ、真ん中の光ってるのが多分ガンダルバチュリ、左はアンナプルナⅢかな?




e0155231_20522697.jpg

グレイシャードーム なんか時々洋風の名前がついてます





e0155231_2052588.jpg

出発のナヤプルからずーーーっと一緒のモディ・コーラ(川)このへんまでずっと一緒です
途中ふと気がつくと居なくなってました



e0155231_20531920.jpg

寒くて止まりたくないのだけど、酸素もぼちぼち薄いので休憩したくなります
なんか谷の向こう側に巻き込まれそう 写真でみると水平が狂ってるようにみえます



e0155231_20534496.jpg

氷瀑がそこらじゅうにあります




e0155231_205474.jpg

マチャプチュレ・ベースキャンプが見えてきた、、、





e0155231_20542897.jpg

到着!バックにはテント・ピーク
もっとかっこいい名前にすればいいのに、、、



続く
by yuskaupstaourr | 2015-03-31 23:00 | 山行 | Comments(0)

アンナプルナ・トレッキングー6日目(中)ー

e0155231_20584096.jpg

ハイ・シーズンではなかったので、開いていたのはここだけ 上にもうひとつ大きなロッジがありました




e0155231_20585782.jpg

宿の食堂に証明写真の貼り場所が、、、知ってる人いないか探してみたけど見つけられず



e0155231_20593330.jpg

到着直後から2時間ほど快晴で、ダウンジャケットを着ていればですが、暖かくて最高に気持ちよかったです



e0155231_20563296.jpg

デウラリからずっと一緒だったネパール人の26歳の4人組がいて、わたしたちはここに宿泊だったけど、そのまま
アンナプルナ・ベースキャンプ(ABC)までピストンし、デウラリまで下りる予定だったみたいなのですが
お昼にABCから戻って、ご飯食べて靴下乾かして、なんやかんやヤイヤイ言ってなかなか下りようとしない、、

ネパールのやんちゃな男の子は、だいたいぴったり目の革ジャンを着てるのですが、彼らのうちのひとりは
マチャプチュレ・ベースキャンプ(MBC)でも革ジャンに裸足でビーチサンダルでした 衝撃!

あまりにのんびりしているので、、、
こんないい天気だったのに
e0155231_2057355.jpg



e0155231_20572896.jpg

真っ白にホワイトアウト、、、
本当に行くの?と聞いても、大丈夫大丈夫!と下山してゆきました
彼らに会うのは最後かもしれないと思い、撮影

最後尾は、前日もこの人大丈夫?という行動をとっていた単独のインド人
デウラリまで一緒に行くことにしたようで、よかったよかった
(この人も、寒くないの?という格好だったな、、、)



e0155231_20574836.jpg



e0155231_20581397.jpg

雪かき用のシャベルがめちゃかっこよかったです



続く
by yuskaupstaourr | 2015-03-31 22:57 | 山行 | Comments(0)

アンナプルナ・トレッキングー6日目(後)ー

e0155231_213522.jpg

MBCの宿の食堂
バンブーより上あたりから、足元はこのようなテーブルが多いです(こたつ風)
この中になんか暖房が入っていて、お金を払うとつけてくれる だれかが頼んでつけているところに
知らずに腰掛けていても、暖房使用とみなされ、いつのまにか伝票にしっかりつけられています、、
このときは暖房なしで座ってるのですが、あとから来た人がつけても請求されるみたいです

このこたつのまわりにも座れるようになっていて、そこに座っていれば大丈夫


e0155231_2134026.jpg

15時くらいからホワイトアウトしたので、食堂で夫は木彫りにいそしむ


e0155231_214225.jpg

わたしは消しゴムはんこ

ビッグポットのチャイ(甘いミルクティ)を注文し飲んでいたのですが、その後ポットを割ってしまい、、
Rs.2500(¥3000くらい)の弁償をせねばならなかったのですが、現金が余裕がなかったので、
トレッキング開始寸前にポカラで買った保温の水筒をRs.1000の代わりに置いて行く(あげる)!
でも、ABC行くときは持って行きたいから帰りに必ず置いて行くから持っていかせて!という交渉をし
なんとか成功(現金の弁償をRs.1500にできた、、)
ロッジのおじさんは、逆に嬉しそうでした 良かった〜、、ポカラまで行くの大変やもんね
山小屋がポットひとつ減るとどのくらい大変かは、わかっているつもりですが、、、壊してしまいました
本当にごめんなさい!



e0155231_2143425.jpg

しばらくして、また晴れたり曇ったりを繰り返していました




e0155231_215338.jpg

トレッキング中に仲良くなった人のなかで一番印象的だったふたり

だいたい小屋でごはん食べたりしてるときの雰囲気や、出発時間、一日の行程の組み方、空いた時間の使い方などで
気が合いそうな人ってわかってきます この人たちとはヒマラヤホテルから一緒だったのですが
お互い歩くペースの好みが一緒かなーということは知っていましたが、
どちらも過度な干渉を好まないので、つかず離れずの関係を保っていたのですが、このあたりから仲良しに

ふたりはネパールで知り合って、トレッキングを一緒に行くことにしたふたりだったのですが
とてもいいかんじの人たちでした なつかしいなぁ 会いたいなぁ



e0155231_21254279.jpg

標高は3800mくらいなのですが、水がある!!
凍ると使えなくなるので出しっ放し 手を洗うのもリスキーなくらい冷たい!です
トイレは、トレッキング中ずっと紙を使うか、水&ハンドウォシュレットが基本ですが、ここまで水が
冷たいと、ちょっと度胸がいりすぎる、、、紙は持っていたほうが無難でしょう

標高があがると、深夜にかなりの確率でおしっこがしたくなります
夜中に氷水でぱしゃぱしゃやるのは、、、心臓が止まるかと思いました




e0155231_21262480.jpg

部屋はこんなかんじ 部屋には暖房なし 部屋ではシュラフに包まらないとおれません

毎日毎日パッキングを繰り返しているので、ここらに着いたあたりにはパッキング能力があがり
めちゃくちゃ早くできるようになるのですが、毎朝寝てるときの暖かい服を着替えてからでないと
パッキングができない、が冷たい服を着たらすぐにでも歩き出したい、という相反する事柄との戦いです
そのためにパッキングが早くなるのでしょうけど、、、

2,3日の山行なら多少ごっちゃになってもどうにかなりそうですが、10日間となると、、、
寝るときと行動着は完全に切り離さないとえらいことになってしまいます




e0155231_21264497.jpg

夜、おしっこにいったときに月を撮りました 前日はフルムーンでした



6日目終わり
by yuskaupstaourr | 2015-03-31 22:54 | 山行 | Comments(0)

シロバナタンポポ

e0155231_10231827.jpg


庭にシロバナタンポポが咲き始めました
日本の在来種らしいのですが、全然知りませんでしたが、庭にたくさん咲いています
このへんでもかなりめずらしいみたいで、柚子なんばんの産みの親、斉藤パパ自慢のタンポポです

桜も今年は早いですね!
by yuskaupstaourr | 2015-03-31 10:27 | 記録 | Comments(0)

アンナプルナ・トレッキングー5日目(前)ー

アンナプルナ・トレッキングー4日目(後半)ー
からの続きです

バンブーの朝
6:30に朝ご飯お願いして寝て、6:30に食堂にいったら目覚ましが鳴ってたっていう、、
そんな朝で結局8:00頃出発
いらない荷物をデポさせてもらったので身軽になって出発 身体が軽くなった〜〜



3月は花が咲き始めるシーズンだそうです 確かにそこかしこにかわいらしい花が、、、
e0155231_104076.jpg


e0155231_10452754.jpg



でも朝は寒すぎて凍ってました
e0155231_10461677.jpg



e0155231_10465591.jpg

これは、、、わたしの訳が間違えてるのかもしれませんが、日本人的には、えっ?って感じがします
「神聖な場所なので、唾は吐いちゃだめ、けどおしっことかはいい」ってこと?ですよね、、、?
なんか難しい構文とかで、おしっことかも否定文なんだろうか?



ドーバンを過ぎたあたり
ドーバンは行きも帰りも寒くて暗かったのでいい印象がなにもない、、
けど、ここらへんから森が「悪魔くん千年王国」の風情がでてきて不気味でいいかんじです
e0155231_10472225.jpg



わかりますでしょうか もうすぐ建物のとこに陽が当たる それが11時くらい そして14時には陰る
陽が当たりはじめる30分前にヒマラヤホテルに到着
e0155231_10475448.jpg



e0155231_10482924.jpg

モモ(チベットの餃子)を注文して待ってる間は凍えるかと思いましたが
11時になり光が届きましたーーーこれで気温がぐぐっと上がります 半袖の人もときどきいるくらいになります

モモ作ってくれた人はジローラモさんみたいな見た目のチョイ悪親父で、聞くとおばあちゃんがイタリア人だそうな
話すとネパール語ペラペラ(ネパール人だし当然ですが)で不思議な感じ


e0155231_1049488.jpg

毛がぼうぼうの植物


e0155231_10493066.jpg

ヒマラヤホテルを出てすぐのところ
これではわからないですが、雪が結構あるという情報だったので冬用長靴で行きました
ネパールの人のウケはめちゃくちゃ良かったです そういえば
昔インドで地下足袋で登山したときも、諸外国人にすごいウケが良かったです

日本では小屋番になりたての頃は、おじさんに説教されたこともありましたが、、、
(ほとんどの場合、おおむね好評ですが時々注意されたこともありました)
働いて何年か経つにつれ、怒られることはなくなりましたが日本では少数ですよね
長靴、地下足袋での登山 けっこう調子いいですけどねえ


e0155231_10495226.jpg

ヘリポートが登場


e0155231_10502920.jpg

岩壁が高くなってきます


e0155231_10505161.jpg


後半につづく
by yuskaupstaourr | 2015-03-30 23:14 | 山行 | Comments(0)

グルン・ブレッド

e0155231_11112610.jpg

ちょっと話は戻ります
バンブーロッジの朝 厨房を見学、、、(食べに行ったら起きたとこだったので)
元小屋番としては、どこの山小屋に行っても、やはり厨房が気になります!

このあたりはグルン族という山岳民族が大多数をしめますので、どこに泊まっても必ずあります
グルン・ブレッド(グルンじゃない人で、プーリーと呼ぶ人もいました)

夜の内に仕込んでくれていたみたいで、生地を作るところは見れませんでした
油を暖めているあいだに、、、
e0155231_11114510.jpg




ポットにお湯とり!起きたらまずやることのひとつは、日本もネパールもおんなじーーー
ポットに入ってるお湯を湧かし直してまたポットに入れる作業
e0155231_1112488.jpg



丸めた生地を棒でのばすときも、粉ではなく油をつけてました
油に放り込むと、あっという間にぷくーーーっとふくれます
e0155231_1113279.jpg


グルンブレッドwithエッグは、目玉焼きつき
e0155231_1113444.jpg

左のグルンブレッドwithチーズは、揚げたパンの上にチーズをのせて
それごと、わざわざ蒸器でチーズを溶かしてくれていました


厨房見学報告でした
by yuskaupstaourr | 2015-03-30 23:10 | 山行 | Comments(0)

アンナプルナ・トレッキングー5日目(中)ー

e0155231_105275.jpg

ヒマラヤホテルを出ると、ぽかぽか陽気で寒かったことなど忘れてしまいます
この鳥を見ていると、スタジオジブリの「ゲド戦記」の主題歌が頭の中で流れました

ヒマラヤホテルと、デウラリのあいだに「ヒンク・ケイヴ」という目印があるのはわかっていましたが何かは知らず、
洞窟かな?と思っていました
そして、道中でたっぷり1時間くらい休憩していたのですが、歩き出すとヒンク・ケイヴのすぐそばでした
e0155231_10523475.jpg

ヒンク・ケイヴには猿がたくさん住んでいました ひなたぼっこしに外に出てくるけど、
人が通るたびに大騒ぎして逃げる!!中は洞窟になっているのでしょう


マチャプチュレが見えてきた、、
e0155231_1053496.jpg



雪がつきはじめています
e0155231_10532645.jpg




ヒンク・ケイヴの真下まできました 猿だらけ
e0155231_1054850.jpg


ヒンク・ケイヴはすごい力のある岩でした まるで出雲大社の鳥居のようでした
ここからは神様の世界やー!と言われているような気持ち
なんでアンナプルナ・ベースキャンプへ行くトレッキングが
「アンナプルナ・サンクチュアリ(内院)」と呼ばれるのか実感としてわかりました
まさしく長い長い参道なのです


e0155231_10543544.jpg

真下に入ると、斜めにどーんと地面に突き刺さってるような形になっています(多分突き刺さってるんだけど)
鳥居をくぐる気持ち 思わず手を合わせてしまいました

e0155231_10552870.jpg

下から見上げると、くじらの歯みたいになってます わりと虫歯がありそうなかんじ

e0155231_10562054.jpg


e0155231_10565428.jpg

ちょっとわかりにくいと思いますが、ヒンク・ケイヴの真正面 斜めに飛び出してきてます



e0155231_10572647.jpg


鳥居をくぐって、ようやく見えてきたのがデウラリです

後半に続く!
by yuskaupstaourr | 2015-03-30 23:08 | 山行 | Comments(0)

アンナプルナ・トレッキングー5日目(後)ー

e0155231_10585123.jpg

デウラリのロッジは、あらゆる側面から他の追随を許さぬロッジでした
北アルプスの唐沢ヒュッテとか(泊まったことないけど)、八ヶ岳でいうなら赤岳鉱泉みたいな、、
小屋もきれいだし、ごはんも美味しいし、女の子の小屋番は全小屋の中でも一番の美女がいました
これより上には男の人しか居なかったので彼女は、最高所にして一番の美人でした



e0155231_10591459.jpg

ロケーションもすごい 見渡せる景色は谷なので狭いですが、かっこいいごつごつした風景が楽しめます
ドーバン過ぎるくらいまで何日も樹林を歩いていますので、ごつごつしただけでちょっとテンション上がります



e0155231_10594442.jpg

午後を過ぎると、下から雲がどんどん上がってきます 夕方にはいつもホワイトアウト




e0155231_11154243.jpg

地図 だいぶ上まできたーーー





e0155231_1103891.jpg

エスプレッソマシーンがあるらしかった、、、すご!





e0155231_1112948.jpg

ごつごつの風景と洗濯物 全然乾きまへん





e0155231_1115377.jpg

ダルバート(ネパール定食)ばっか食べてたので、ピザをお昼頼んでみたら驚きの美味しさでした





e0155231_1183487.jpg



e0155231_119199.jpg

一番驚いたのは、洗面台があったこと!!!!
ネパールでは、下手したらポカラの宿でもないときあります
トレッキング開始以来、どこにもなかったのであきらめきっていたら、まさか3200mで出会うとは、、
予想を遥かに越えていました これまた最高所の洗面台です(多分)




長くなっていますが、まだ続きます、、、5日目は終わり
by yuskaupstaourr | 2015-03-30 23:06 | 山行 | Comments(0)

ビッグフリーマーケット

e0155231_20495123.jpg


昨日のマーケット、うっかり写真撮影をまた忘れてしまってこの写真しかないのですが、、、
みょうがと、山ワサビ、旬のもの初めて販売しました
庭で掘ったものです どちらも埋めてほったらかしでもどんどん出てくる性質なのでお買い得でーす

ちょっとお客さんは少なめでしたが、昔よく通ってたフリマの雰囲気を思い出して懐かしく楽しかったです
わたしが中学生高校生のときは、近所で毎週フリマが開催されていました

お越しくださったみなさま、ありがとうございました♪



by yuskaupstaourr | 2015-03-29 20:55 | みたけさいとう商店 | Comments(2)

ビッグフリーマーケットinセラミックパークMINO

e0155231_2046535.jpg


明日、明後日と二日間(土曜だけに変更〜よろしくお願いします)
セラミックパークMINOのビッグフリーマーケットに出店しています
開場は9:00~16:00、屋上広場にて入場は無料です

無添加の自家製食品、手作りのもの、ネパールの日用品や雑貨など定番のラインナップ
「手作りのもの、木のもの、染めもの、雑貨」などに続いて、
本州では珍しい山ワサビなど「土のもの」のラインナップも登場です

これからどんどん暖かくなるので、「土のもの」もどんどん増えそうです
山菜もそのうち登場します お楽しみに!






セラミックパークMINOのサイト
by yuskaupstaourr | 2015-03-27 20:54 | みたけさいとう商店 | Comments(2)