みたけさいとう商店 by yuyutsuboi SAITO

<   2012年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

スタンダードブックストアでのトークショウ&サイン会

今日のお昼、心斎橋のスタンダードブックストアにて、
「山・音・色」「山と写真」「山と山小屋」関連(?)のイベントがありましたーーー

「山・音・色」の編集者であり、「山と山小屋」の著者である小林百合子さんと、
「山・音・色」と「山と山小屋」の写真、「山と写真」の著者である野川かさねさんのトークショウ&サイン会
40人〜50人くらい?写真好き山好きのひとが集まっていました
e0155231_19585157.jpg


スライドショー&トークのあと、本にサインをしてもらう
e0155231_1959572.jpg


関連書籍などなど物販
e0155231_2001646.jpg


わたしがデザインをやらせていただいた「山と山小屋てぬぐい」もばっちり販売していただきました〜
e0155231_2003542.jpg


在庫希少のヒュッテのバックナンバーも充実!買うならここへ!(本屋さんに、もうあんまりないです)
e0155231_2005534.jpg


わたしも本を買って、サインをしてもらいました。。。(ミーハーだ)
e0155231_2012442.jpg


「山と写真」にサインしてくれるかさねさん
e0155231_201511.jpg


「山と山小屋」にサインしてくれるゆりこさん
e0155231_2022897.jpg


すばらしい山のイラストを描く、イラストレーターのDannyさんをお誘いしてトークショウに行きましたところ、
Dannyさん、てぬぐいも買ってくれました!はっぴー
e0155231_203014.jpg


しかも、てぬぐいにもサインを、、、させていただきました笑
油性ペンで、、、
dannyさん/website
e0155231_2031535.jpg


てぬぐいも、何枚か引き続き販売していただけるそうなので、
よろしければお買い物のついでにでも、足を運んでみてくださいませ〜〜


黒百合ヒュッテのご近所、東天狗と西天狗
e0155231_20533135.jpg

本、どれもとてもすばらしいです おすすめです

わたしにとっての山も山小屋も、この三人の女性抜きには語れない、非常に思い入れのある方々です
なぜなら「山・音・色」の第10話に登場するKIKIさんが書いている初めて三人で取材で山小屋に泊まったときの話、
それは、私にとって初めての山の夏で、初めての雑誌の取材を受け入れる経験でもありました
右を向いても左を向いても、どやされてた頃のことが、懐かしく思い出されます。。
今思っても、それはかけがえのない、すばらしい時間でした

それ以来この三人の女性たちは、取材あるなし関係なく、どのライターさんカメラマンさん、モデルさんよりも、
小屋に足を運んでくれて、覚えてないくらい何回もいっしょに飲んで食べて、
時には泊まるわけでもなく、わざわざ遠回りして通過してくれて、お茶だけ飲んで帰ったり。
かと思えば、吞み過ぎて降りられなくなって、2泊して帰ったり。
蓼科山(北八ツの最北端)から今から行く!と突然連絡あり、なんでか黒百合の常連さんと現われたり。
とてもすべては書ききれません
本には登場しないそういう時間があるからこそ、これらの本には力があるのだと思います

それらすべての思い出は、わたしの一年目、二年目、三年目の山小屋で過ごした時間と絡み合っていて
会うと、初心を思い出すというか、、、時間の経過を感じることができるのです

これらの本は、わたしにとっては山小屋に暮らしていたときのことを思い出せる大事な大事なものです
けれど、行ったことがないひとでも、きっと3人が愛してやまない山が伝わってくることと思います
大勢のひとに読んでもらえたらと、心から思います
by yuskaupstaourr | 2012-06-30 21:02 | 記録 | Comments(0)

制作風景

ただいま、7/8(日)のSAi ton Orchestraのときの販売用の商品を制作中です
e0155231_21263064.jpg

e0155231_21264746.jpg

e0155231_2127387.jpg

e0155231_21271964.jpg


イベント詳細はこちら!
奥むつみと、坪井湯湯のバティックTシャツ、ショール、布などなどが販売される予定でーす
by yuskaupstaourr | 2012-06-28 21:46 | mosimosi | Comments(0)

ARKITEKTEN

なんなんですかーこの顔は。むすーとしていますが、、、
スウェーデンの建築雑誌ARKITEKTEN今月号の表紙を飾るのは建築家のTuomas Toivonen!
ひゅーひゅー!

e0155231_9521746.png


おそらく建築家のTuomas Toivonenと、姉ネネツボイの手がけるサウナのことが
特集されているのではないかと思われます
e0155231_21353759.jpg


ヘルシンキの中心部からちょっと北にいった広場ハカニエミから歩いて5分くらいのとこにあるサウナです
出来上がったら、ヘルシンキの新しいアートスポット兼、観光名所になることでしょう
できあがりが楽しみです〜
サウナの経過ブログ
by yuskaupstaourr | 2012-06-28 21:46 | 記録 | Comments(0)

狂い咲きサンダーロード

e0155231_23192542.jpg

先日、石井聰亙さんの大学の卒業制作の映画を観ました
卒業制作!?すごすぎ、、、

タイトル通り完全に狂い咲いているのですが、
終止、眉間にしわがよって、バイオレンスで退廃的で、あほとしか言いようがないのだけど。
パンクっちゅうのはこういうことやーーー!といわんばかりに、仁(主人公)は狂っている〜イカすー

仁の舎弟の名前のセンスがなんとも小気味よく、いかにも舎弟ってかんじ
「シゲル!忠(ちゅう)!エイジ!ユキオがどうなってもいいのかよー!」
世の中のシゲルさんやエイジさんが舎弟っぽいってわけではないのですが、
この並びで、仁(俳優の故、山田辰夫さん)の声でがなられると、もう舎弟っぽさ炸裂!です

e0155231_23194064.jpg


口についてる、アルミ?の飾り?
ほかにも四角いのを、おでこにつけてる人もいるのだけど、暴走族のあいだで流行ってたのでしょうか?
ほしい

最初っから最後まで、全員どうしようもないんだけど、きっともっかい観たくなる名作
なんなの、このイケイケな世界観は、、、まさに狂い咲きサンダーロード。
by yuskaupstaourr | 2012-06-28 21:45 | 記録 | Comments(0)

時の支配者

e0155231_220146.jpg

古いアニメシリーズ。
なんか不思議な話でちょっとよくわからなかったけど、色がやっぱきれい〜
「ファンタスティックプラネット」と同じ人です。ルネ・ラルー。色彩感覚秀逸です。

ストーリーのよくわからん部分を調べようと思って検索かけたら、宇宙船に乗ってた臭い心の王子と、
(悪い心を持ってるひとを、劇中で臭い心の人がいる!という表現をするキャラがいる。蓮の妖精。)
主人公?かな、中心人物の男性の恋人の、同じく宇宙船に乗っている女性は兄弟という設定らしい
まったくわからんわ!!
裏テーマなのか、まったく説明はなかったが、それを知るとふむ、、、と納得する部分も少々、
けど、そもそもの「わからない」部分とはあまり関係のないような、、、

ちょっと前まで、映画とかアニメとかけっこう感覚で作ってるよな〜と思う
古いのはそういうところがいいと思う。少しと言っても30年くらい前の作品ですけど、、、
(話のつじつまとか、わかるかわからんかとか、そこまで気にしてないというか。。。)
by yuskaupstaourr | 2012-06-26 22:15 | 記録 | Comments(0)

スタンダードブックストア

e0155231_22312685.jpg

今日は、制作材料の買い出しのついでにスタンダードブックストアにトークショウのお金を払いに行きました
(なんか予約して、お金はらったひとから予約完了、みたいなことで)
地下のカフェでショウはある模様で、お金を払うのも地下かなと思ってエスカレータを降りると
おお!「山と山小屋」が飾られている!!(なんかブレてるけど)
横には女子登山ブームのくす玉割りとなったと言っても過言ではない、、、あの山スカを流行らせた四角さんの本。
いやはやアウトドア、まだまだブームですね

スタンダードブックストアは、何時間でもいられる楽しいところなので、イベント関係なくともおすすめです
趣味、暮らし、旅、アート、デザイン、などなどさまざまなジャンルの本がマニアックなものまでそろっていて
雑貨など本以外のものも充実しています

イベント後も、「山と山小屋てぬぐい」は、20枚だけ継続して販売していただけるとのことなので!
お暇があれば足を運んでみてください〜
大阪の難波、心斎橋のひっかけ橋のあたりから5分もかかりません
イベント詳細こちら
by yuskaupstaourr | 2012-06-25 22:46 | 記録 | Comments(0)

哀しみのベラドンナ

e0155231_14341961.jpg


10年くらい前に観たけど、ひさしぶりに観なおし。改めて感動しました
魔性の女というのはまさにこれですね〜手書きアニメの金字塔!

1時間半近いボリュームでこのクオリティ、各シーンごとのアイデア、
どれをとっても、作った人々がすごすぎる
ただただその甘美でデカダンスでロマンチックな画面を眺めているだけで満足

色、柄のアイデアにあふれた絶品の一品です。
by yuskaupstaourr | 2012-06-24 22:20 | 記録 | Comments(0)

The Planet of Storms 火を噴く惑星

e0155231_14212729.jpg

e0155231_14211438.jpg

ソ連のSFは名作多しですが、「惑星ソラリス」や「不思議惑星キン・ザ・ザ」とまた違う名作

金星にいる恐竜(恐竜がいるって時点で笑えるのですが)の着ぐるみぶりもかわいいし、
宇宙服破れて、細菌に感染したりとか、
そのために薬飲むのに、パカッって頭にかぶってるやつ開けたりとか(酸素や気圧どうなってんの!?)
移動のときはみんなピッケル持ってて、
宇宙船に命綱、カラビナでゆるーく確保とってたりとか(意味なさそーな)、、、
おふざけ系かと思いきや、全員大真面目にやってるとこがたまらなくいいです
ストーリーも最後まで大真面目に進んでゆきます

終止、上品なかんじで無駄に焦ったり焦らされたりしないので、
おだやかにハラハラドキドキ 満足感ありました

下の写真、一番ドキドキのシーンなんですが、ジョン(ロボットの名前)がまたなかなかよい
敬語でないと動かない、とか設定がおもろいです
by yuskaupstaourr | 2012-06-24 20:08 | 記録 | Comments(0)

はなずきんちゃん

1ヶ月以上前ですが、20年ぶり?くらいに鶴見緑地にいきましたら、
駅にあったモザイク。すごい!
e0155231_17453162.jpg

e0155231_1746198.jpg

e0155231_17462764.jpg

e0155231_17465272.jpg


すごい。。。モザイクにするかーーこれをー

そしてはなずきんちゃんかわいい
by yuskaupstaourr | 2012-06-23 17:54 | 記録 | Comments(0)

バティックでティーシャツをつくろう!

e0155231_20363142.jpg

「バティックでティーシャツをつくろう!」ワークショップのお知らせ

mosimosiスタジオにてバティック(ろうけつ染め)のワークショップを開催いたします
その日のうちに、オリジナルティーシャツをお持ち帰りいただけます

日時:2012年7月21日(土)、22日(日)12:00頃〜17:00頃まで
場所:mosimosiスタジオ→mosimosiスタジオへのアクセス/website
講師:mosimosi(奥むつみ、坪井湯湯)
参加費:3000円(材料費込み、お茶付き)
定員:各日7名様まで(定員になり次第閉め切らせていただきます)

注意:
要予約となっております
お昼時の集合になりますが、軽く食べてきていただくか、持ってきていただいて
作業しながら適当に休憩しながら食べていただいてもオッケーです
近所に一応コンビニなどもあります

ひどい曇天や雨天の場合、染料の性質上染色作業が困難な場合があり、
前日の天気予報によって延期または中止になる場合があります
どうぞご了承ください

基本的には、一日で終わるワークショップですが2日間かけて作業を希望される場合はご相談ください

お問い合わせ、お申し込みはinfo@mosimosi[dot]ccまで(dotを変えてご使用ください)

バティックとは?/website
前回のワークショップの様子01/website
前回のワークショップの様子02/website
by yuskaupstaourr | 2012-06-18 21:30 | mosimosi | Comments(0)