みたけさいとう商店 by yuyutsuboi SAITO

<   2012年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

フクシマの嘘

ドイツZDF/フクシマの嘘
e0155231_15511916.jpg


やっぱりこれは上げとこう。記録。記録。
日本は破滅に向かっておりますね、、、ってひとごとみたいにいいますけど
いや、しかしいますぐに!ってわけではなくともまじめに移住を考えなければ。。。

うそつきー!って言ってる場合じゃない
画像は Asgar Gabriel/website
by yuskaupstaourr | 2012-03-30 15:56 | 記録 | Comments(0)

初の冬山縦走

e0155231_15141740.jpg

東京に一泊、とんぼ帰りで八ヶ岳へ戻りまして、今回のメインイベント縦走へー
小屋に長期で働いていたときから下山してはや2シーズン目。
本当は去年行きたかったのですが、なんやかんやで冬がおわり、
来年になったらもう一年歳をとってしまう、、と思うと体力的にも自信なくなりそーなので
なんとしても今シーズン中に行きたかった赤岳です

土曜日:
美濃戸口ー赤岳鉱泉泊

日曜日:
赤岳鉱泉ー行者小屋ー地蔵尾根ー赤岳展望荘ー赤岳山頂ー文三郎尾根ー行者小屋ー赤岳鉱泉泊
(天気が良ければ、赤岳ー横岳ー硫黄岳ー夏沢峠ー本澤温泉泊の予定でしたが無理で)

月曜日:
赤岳鉱泉ー赤岩の頭ー硫黄岳ー夏沢峠ー身冠山ー根石岳ー天狗岳ー黒百合ヒュッテ泊

火曜日:
下山

というコース
川名さんという小屋で働いていたときのお知り合いのガイドさんに連れて行っていただきました
川名匡K&K山岳ガイド事務所/website
by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:52 | 山行 | Comments(0)

登場人物紹介〜2012年赤岳登頂編〜

e0155231_1536564.jpg

撮影:Kさん

左が、顔が黒すぎて(!?)デジカメに顔認識されない山岳ガイドの川名さん
面白くてお茶目で頼りがいのあるすてきなガイドさんです
わたしはインドのレー・ラダックで川名さんそっくりのラダッキにお世話になりました。。。
きっと彼も顔認識されないだろうな

右は川名さんと山岳会が一緒(なのかな?)(すみませんよくわかっていない、、、)
川名さんの補佐的存在、相棒、とっても頼りになるあねさん、
クールビューティかとおもいきやけっこうかなり〜お茶目な!Tさん
ファンになりましたー

e0155231_15361211.jpg

撮影:川名さん

こちらも左からさきほどご紹介したTさん、
左から2番目、若いとき山をやっていて、30年のブランクを経てここ数年でまた山を始めたというMさん
かっこいいーーです 尊敬してしまうーー

真ん中のさわやか笑顔は、若手イケメン!山岳ガイドの佐藤さん

佐藤さんのお隣は、お米は4合はぺろりとたいらげるヤセの大食い、Kさん
一番右がわたしです


すみません、写真を無断借用してしまっています。。。!
by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:52 | 山行 | Comments(0)

赤岳へ

e0155231_15573121.jpg

e0155231_1615054.jpg

e0155231_1621214.jpg

晩ご飯は豚しゃぶ、各部屋ごとに暖房、などなど「山小屋にあらず!まるでホテル〜〜!」
と言っても過言ではない赤岳鉱泉で一夜を明かし、目覚めたら吹雪でした
朝8時半くらいか9時くらいまで待って、少しゆるんでから出発

行者小屋の前で休憩しているところです


行者小屋は営業していないので、雪に埋まっている。。。テントは張れます(テント代回収に人がくるらしい)
e0155231_1622985.jpg


カメラ小僧の川名さん
e0155231_1624578.jpg


大食いにはみえないKさん(このときわたしはまだ知らなかった、、、)
e0155231_1611884.jpg

by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:51 | 山行 | Comments(0)

赤岳山頂

行けるとこまで行こう、というかんじでしたがあっという間に登頂 けどなんも見えなかった。。。
けれども大満足!面白かったーーーザイルにつながれるのも初めての経験でした
e0155231_1692641.jpg

撮影:川名さん

降りてるところ
赤岳の上の方だけアンザイレンしていたのですが、3人ずつ。写ってるのは、先に降り始めている
Tさん、Mさん、ガイドの佐藤さん
日本じゃないみたいだ、、、
e0155231_169142.jpg

撮影:川名さん
by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:51 | 山行 | Comments(0)

アイスクライミングーー

赤岳から全員無事に戻りまして、鉱泉でお昼ご飯を食べて、
Mさんはここで下山なのでお見送り。ガイドの佐藤さんとふたり下山してゆきました

食べ終わって、せっかく鉱泉に2泊しているのだからということ(だったのだろうか?)で
アイスキャンディで遊ぼうーということに。
これが赤岳鉱泉の冬の名物、愛称が「アイスキャンディ」 そんなかわいいもんとちゃうやろーー!
と思わず突っ込みをいれてしまうくらい、近くにいくとでっかいです 高いです
e0155231_16321056.jpg

e0155231_16392510.jpg


川名さんにビレイしてもらって登るわたし へっぴりーーー
e0155231_16255749.jpg
e0155231_16253784.jpg

身体を引き上げる腕が疲れるのは想像通りでしたが、一番鮮烈な印象だったのは手。
ずっと上に上げているので、血が行かなくなってもう僅か数分で凍傷なるんじゃないかと思うくらいでした
アイスバイルを握っていられなくなるようなかんじ。パンプする前に手が冷たくて無理ーーってなりました
下に降りて急激に血液が手に流れてぎゃーーー痛い!ってかんじでした

こんな数メートルで、こんなで、、、
ヒマラヤの壁とか登攀するひとって、やっぱり普通じゃないっす とひよっこのわたしはつくづく思いました
でも面白かったーーー川名さん、Tさん、ありがとうございました!

e0155231_16494552.jpg

最後の写真だけ 撮影:川名さん(また借用)
by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:50 | 山行 | Comments(0)

2泊目

鉱泉2泊目は衝撃の洋室でした。こんな山小屋があるのね、、、驚き。
部屋の名前はその名も「赤岳」
e0155231_1654599.jpg


服や道具、濡れたものを乾かす図
e0155231_16543670.jpg


晩ご飯はステーキの陶板焼きでした のわーーーすごい
e0155231_1654988.jpg

by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:50 | 山行 | Comments(0)

3日目

あんまりいいお天気ではない中、硫黄岳に向けて出発
e0155231_1721741.jpg

e0155231_1732270.jpg


クールビューティが見せたかわいらしい笑顔をとらえた。。。
e0155231_174313.jpg


樹林帯を抜ける寸前にザイルを。樹林をぬけると急に風が強くなります トレースもなし
e0155231_1744415.jpg


ガスが横一直線に重くのしかかってるのがわかります
e0155231_175147.jpg

e0155231_1755561.jpg


硫黄岳山頂でもなにも見えず。山頂を過ぎ樹林に入ったころに少しずつ晴れて来て
振り返ると硫黄岳が見えました
e0155231_1762217.jpg

e0155231_1765354.jpg

e0155231_1772094.jpg

e0155231_1774178.jpg


e0155231_1782971.jpg

e0155231_179186.jpg

e0155231_1794035.jpg

e0155231_17101490.jpg

e0155231_17103648.jpg

e0155231_17105321.jpg

e0155231_17111923.jpg

e0155231_17114232.jpg


急激に晴れて来て、雲とガスと日差しで異様な空気感のなかで撮れた不思議な写真
なんかフォトショップでいじったみたいですが、僅かな補正すらしておりません〜
by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:50 | 山行 | Comments(0)

無事に到着

根石、天狗を越えて無事に黒百合ヒュッテ到着
着いたころには完全な晴天、そのまま夜も次の日の朝も最高のお天気、、、
そんなもんですね〜
e0155231_17233114.jpg


夜はそりゃあもう、吞み会です
お疲れさまでした!
by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:49 | 山行 | Comments(0)

下山

黒百合ヒュッテで一夜を明かせばこの快晴ぶり。もったいなくて降りられない、、、
けど、この数日をともに過ごしたみなさんを見送って、朝のお仕事のあと下山しました
e0155231_17273254.jpg

e0155231_1728185.jpg

e0155231_17282430.jpg


太陽の力による、春のつらら
京芸の先輩の金氏さんの作品を思い出すな〜
e0155231_17285365.jpg

e0155231_17291718.jpg

やっぱり評価される作品には、こういう普遍的な美しいものの要素があるんかもなぁとか思ったり
だれもが原始的に無意識に美しいと思う要素




今回も影を見ながら降りることができました
以上で2012年赤岳山行記録おしまい

最後になりましたが、今回もたくさん心配かけてたくさん道具をかしてもらって、
いろんないろんなことをオーナーの岳さんにはお世話になりました
ありがとうございました!いつもいつも。ありがとうございます、こころより。
e0155231_17294286.jpg

e0155231_1730354.jpg

e0155231_17302472.jpg

e0155231_17304995.jpg

e0155231_1732553.jpg

by yuskaupstaourr | 2012-03-29 17:47 | 山行 | Comments(0)