みたけさいとう商店 by yuyutsuboi SAITO

カテゴリ:INDONESIA( 73 )

芸能に親しむ

e0155231_23150280.jpg

ウブドでは、毎晩何処かしらで、ガムラン、踊り、ワヤン・クリッ(影絵)などのインドネシアの芸能を観賞することができます
ツーリスト・インフォメーションに行くと、週変わりの予定表がもらえます

が、夜なので(だいたい18:30~20:00とか。20:30くらいまで)子どもを連れてゆくにはなかなかハードルが高い。
先日、シュミレーション・デイを設け、夕方にしっかりお昼寝、ちょっと夜のお出掛けをしてみて、行けそうだったので、ジェゴグを聴きにゆきました↑

ジェゴグは、バリ島の西の方ヌガラ地方の伝統芸能だそうです
竹のガムラン。凄い響きで、早弾きなのでテンションあがります~!かっこいいー!
竹と木のバチと人間、というナチュラルなものだけの生音であんなに響くなんて!その場所が本当に音に包まれます。
開演前は、蚊が飛んでましたが、始まると居なくなります
空気が震えるので、飛んで居られないのでしょう

眠くて愚図るかなーと思っていた娘も大興奮で、とてもよい経験となりました
がんばって連れていって良かった~



e0155231_23190114.jpg

大喜びだったので、ジェゴグ好きなんやなと思い、数日後別の村で開催されるものを聴きにゆきました

e0155231_23205765.jpg

こちらは、高さ3mはある巨大ジェゴグが最後登場するなど、これまた面白かった、、、!


e0155231_23221544.jpg

2回目も、娘はかなり楽しんでおり、踊りの人が踊っているところの舞台へ何度も上がって行こうとしていました

昔、ジャワ・ガムランを習っていたことがあるのですが、公演のときよく、小さい子が上がってくることがありました
よくあることなので、気にしないでください、大丈夫ですよ、というような説明を代表者が挨拶してから公演していたことを思い出しましたが、本当に子どもって上がるんだなあと実感。

なんなんだろう、惹き付けられるようです

e0155231_23233031.jpg

さらに数日後、ワヤン・クリッも観賞しました
ダラン(影絵使い)と、楽器置いてある側からも、影絵側からも見せることができましたが、、、


e0155231_23242919.jpg

こちらも、興味津々でしたが、夜は夢を観たようで、珍しく夜泣きしていました
ちょっと怖かったみたいです
(娘が起きたとき、まだ大人は起きていたので、お父さんがワヤンの真似をしてみせたのが怖かったのかもしれない、、、笑
←そのあと、キャー!と泣いた。かわいそうなことをしました笑)

現在、ウブドからサヌールという海辺の町に移動して3日経ちました
そのまま帰国まで滞在しようと思っていたのですが、いろいろ都合あり週末またウブドに戻ることに。
もっかいくらい、ガムラン聴きにゆけるかな、、、



by yuskaupstaourr | 2017-06-22 23:00 | INDONESIA | Comments(0)

お供え物

e0155231_22311304.jpg


バリ島は、インドネシア唯一のヒンドゥー教の島ですが、神様は至るところにいらっしゃるという日本の八百万の神にもちょっと通ずるところのある考え方で、毎日、本当に至るところにお供えがしてあります
家の玄関、庭先、台所、道端、お店の前や、塀など、どこでもお供えがあります
一辺10cmくらいの四角い篭にお花やらお米やらお香やらをセットにして、一日に何度もお供えをします
お供えをたくさん載せたお盆を頭にのせて、ひとつひとつ置いてゆく女性の姿はとても美しいです(男性もたまに見るけど、ほぼ女性がやっている気がする)
水をピッピッとかける(表現力が乏しくてすみません)作法がとてもきれいなのです

e0155231_23071089.jpg


また、こういうお地蔵さま的な神様の場所が、道端にたくさんあって、それにも毎日お供えがあるのですが、ある日いつもより豪華にお供えされており、何か儀式が執り行われており、祝日であることを知りました↑


e0155231_23075140.jpg

普段は壇上にちょっとだけ。ねこちゃんがつまみ食いしています
(地べたに置いてあるお供えは、犬がつまみ食いする)


e0155231_23083432.jpg

儀式の翌日は、色とりどりの篭が洗って干されていました

e0155231_23093141.jpg

e0155231_23101372.jpg




by yuskaupstaourr | 2017-06-21 22:15 | INDONESIA | Comments(0)

ソープナッツ販売再開予告!

日曜の出店、たくさんのご来場ありがとうございました!

日本は、雨の少ない梅雨のようですね
こちら、乾期のはずなのに割りと雨が降っています(6月はこういうものなのかな?ちょっとわかりません、、)
e0155231_23251332.jpg

さて、開店当時よりみたけさいとう商店をご存じの方であれば、よく知っておられるかと思われますソープナッツ。
かつては、ネパールで仕入れて販売しておりましたが、ネパールの地震のあと入荷困難になり、可能になったあと妊娠出産子育てなどでネパールから遠退いていたので、そのまま販売をおやすみしていました

けれども、木のものを取り扱う以上、安心安全な食器洗いにもなるソープナッツは、必ず販売再開を!と、虎視眈々とタイミングを狙っていました

(ソープナッツとは、なんぞや?という方→こちら)


e0155231_23254658.jpg

今回のバリ島滞在の目的のひとつでもあったソープナッツ。
(目的いくつあるのって言われそうな、、欲張りなみたけさいとう商店です)
インドネシアは、ジャワ島中部を中心にソープナッツの産地です
今回は実はもちろんのこと、液体になった使いやすいリキッド・ソープナッツも入荷しました
まだ使ってみていない(実のほう。液体は使いました。使い心地、最高!)ので、わかりませんが、見た目の印象、ネパールのものより、ねっとりしています。なんか、よく汚れが落ちそう、、!

e0155231_23262074.jpg

ちなみにソープナッツの木は、現在自宅で育て中。
10年後くらいには自家製のものを販売できたらなあと思っています。(気長にお待ちください)
それまでは、インドネシアとネパールのものを、途切れ途切れではありますが、販売してゆきます
販売再開は、来月の予定です
また改めてお知らせさせて頂きます よろしくお願いします!




by yuskaupstaourr | 2017-06-19 23:24 | INDONESIA | Comments(0)

周辺の散歩道

e0155231_22425095.jpg

宿周辺のヴィラやホテルの裏に回ると、のどかな田園風景が広がります
夜は蛙の声も凄いし、蛙、蛍、田んぼ、、それが、ウブドのイチオシ風景みたいなんですが、そういうあたりは御嵩とそう変わらんかなって、、、笑

御嵩って、ウブドや、ネパールのポカラのように静かでええとこやな、しみじみそう思います

御嵩も、ウブドやポカラみたいに気軽に入れる食べ物やさん、宿屋さんエリアを作れば、長期滞在の外国人とか集まれそうですがねえ。日本に来る外国人にとってのウブドやポカラってあるのかな?大都市以外に旅行者が行って、ついつい連泊する町って、、日本にあるのだろうか。

e0155231_22543803.jpg

天気がよいと、山も見えます

e0155231_22561019.jpg

夕方は猿の食事タイム。モンキーフォレストの猿たちがおります

e0155231_22573413.jpg


e0155231_23004411.jpg

このあたりは、プライベートレンタルハウスがちょこちょこあって、プール付きだったりします

とても静かなエリアなので、リタイアメント・ビザかなーと思われる老夫婦が多くいらっしゃいます
そんな老後もよいな、、、(まだ早いか)


by yuskaupstaourr | 2017-06-17 15:20 | INDONESIA | Comments(2)

借りている部屋の庭

e0155231_22435453.jpg

ザ、バリニーズスタイルのお庭です

e0155231_22454133.jpg

一階は陽が入りにくい造りのため、苔むしてます

e0155231_22464973.jpg


e0155231_22484381.jpg

by yuskaupstaourr | 2017-06-16 21:00 | INDONESIA | Comments(0)

キッチンにリス

e0155231_12175720.jpg

いま滞在しているところは、ちょっと静かなエリアにあるアパートメントというか、キッチンつきのホームステイ、人の家の一部を貸してくれているバリではロスメンというスタイルの部屋なのですが、周囲は高級ヴィラやホテルばかり。
どこもプライバシーを植物で守っているので、回りはジャングルです

e0155231_11490111.jpg

今朝キッチンの窓を開けたら、目の前にリスが!
近くに居るのは、いつも見えるので知ってたのですが、ものすごく近くてテンション上がりました


by yuskaupstaourr | 2017-06-15 12:16 | INDONESIA | Comments(0)

グルテンフリー・ダイエット

長いので、興味がある方だけ、、どうぞ。。

e0155231_00442332.jpg


グルテンフリー、数年前にハリウッド女優さんやらセレブさんやらが、やってます!と言って話題になったりして流行していたので、聞いたことある方も多いかと思います
グルテンを含む食べものを取らない食習慣のことを言います
(ダイエットとは、英語の直訳では食生活とか、食習慣という意。

日本語でいうところの「痩せるための食生活」という意味ではありません)

わたしは、最近までグルテンフリー、特に興味を持ったことがなかったのですが、縁あって今年の3月からグルテンフリー生活を送ることになり、もうすぐ3ヶ月が経とうとしています

それというのも、今年2月に娘の犬ネコアレルギーが発覚したことがきっかけでした。
あらゆる手を尽くして対応したものの、1ヶ月経っても改善せず。(大掃除、掃除機も変え、犬と家庭内別居→同居している義両親の部屋で世話してもらう、、など)
他にも何か原因があるのかも?と思い、調べてみたところ、、、小麦を控えると原因不明の湿疹が治る事例が多いそうで。


元々、犬ネコアレルギー発覚時に、小麦、卵もちょっと出ていたのですが、母体の食事制限はしないほうがよいと(栄養の面の観点から)のことだったので、初めは考えてなかったのですが、小麦はそもそも炭水化物だし、別に栄養面から考えてもやめてもいいだろうし、グルテンフリーとかいうくらいだから、むしろ止めたら身体にもよいのかな?くらいの気持ちで始めました。

すると、、、結論から言いますと、3週間で劇的に改善しました。
真っ赤になっていた顔から、普通の顔に!(一歳の娘の話です。)
その後も、初期はわたしが誤って小麦由来のものを食べてしまうと抜けるのに3週間かかっていました(自分にアレルギーがあるわけではないので、慣れるまで、うっかり時々無意識に食べてしまうことが。外食すると避けられないと言っても過言ではない。それほど、小麦を食べることって日常に密着してますよね)

が、最近では、ちょっと食べてしまっても3週間かかりません。だいたい3日後に出て、数日で治まるようになりました。

それだけでなく、わたしのほうにも恩恵が、、、(睡眠の質が上がる、寝起きがよくなる、など。
なんでも、小麦が引き起こすマイナートラブルは、頭痛に始まり、肌荒れ、集中力低下、倦怠感などなど千差万別、人によって異なり、何百とあるそうです。)


わたくし同様、グルテンフリーについて特に気にしたことない方に向けてご説明させていただくと、要はウドン、パスタ、ピザ、ラーメン、パン、クッキーなどなど、小麦由来のものを取らない、ということです。
料理に使われる小麦粉(例えば天ぷら、ハンバーグなど)も米粉、片栗粉などに置き換えて食します。
日本人にとっては比較的簡単に挑戦できるグルテンフリー。(和食はほぼグルテンフリー)

その分、わたしもそうでしたがちょっと距離があるというか、都会のすごくナチュラル系健康志向の人がやってるイメージというか、日本ではそこまで一般化しなかった印象でした
が、外国にいるともうそこらじゅう看板やメニューなどグルテンフリー!グルテンフリー!だらけです(これはこれで驚き。3年前はそんなに気がつかなかったです)

グルテンフリーに決まってるやろ!と、突っ込みを入れたくなることも多々あります(フレッシュジュースとか、、、)
割りと気にする人がお客さんに多いのでしょうが、時々やり過ぎ!てて笑えます

e0155231_16324945.jpg


グルテンフリーって、そもそも何が為にグルテンを断つのか。
いろんなソースの摘まみ読みなので、間違ってることもあるかもしれませんが、簡単にご説明させていただきますと、

戦後の人口増加に伴い、大量に小麦が必要になる→農薬を撒かなくても虫に負けずに育つよう、遺伝子組み替えなどの科学的な技術を使って品種改良する→農薬で虫が死ぬ理屈は、薬が虫の体内に入ると、虫の腸に穴が開き、死ぬそうで→遺伝子組み替えによって、農薬の能力をも備えた小麦は、人の体内に入ると人の腸に穴を開けるそうな。→腸の穴から体内に直接食べ物が入るといろんな病気を引き起こしたり、身体が腸の穴を埋めることに労力を割くことで、ダルさや頭痛などのマイナートラブルが引き起こされる、ということらしいです

ものすごく専門性を欠いたはしょった説明ではありますが、なんとなく恐ろしさは伝わるかと、、、

なので一般的グルテンフリーは、スペルト小麦など原種の小麦はとる人も多いよう。品種改良(改悪ですけど)されてない原種のものは、摂取しても問題ないとされています
(わたしの場合は、娘の湿疹をなくしたいのが目的なので、いまのとこ原種も新種も関係なく何もかも控えてます。授乳が終わったら、小麦のものを摂取するときは、原種の国産小麦でパンやお菓子を焼いている人から買おう、、、と思っております。幸い、仕事柄、手作り市に月に何回も行くので、そういうマーケットでは、こだわりのパン屋さんがちょくちょくいらっしゃるので、出店行ったついでに買える~
娘の湿疹のおかげで、国産小麦にこだわるパン屋さんお菓子やさんたちの真意を知ることが出来ました。。日々勉強です。娘よ、ありがとう!)

また、これと同じ理由から、お米も食べるのは原種の品種を食べたほうがよいそうです。
わたし自身、子どもの頃にはまだ、そこまで新種が出ていた世代ではないのかな?と思いますので、アレルギーが出るのはひょっとすると娘の子どもの代からなのかもしれませんが、小麦同様に科学的に遺伝子組み替えを行った品種を食べつづけると、お米アレルギーに、、、!なってしまうということらしい
お、恐ろしいっっ 日本人としてなんと生きづらいのか!

娘には、岐阜県産ならハツシモ、現在はこっちのオーガニック・シガラジャ米、バスマティ米などを与えております
シガラジャ米、とても気に入っているようでパクパク食べるので、せっかくなので帰るときは、お米何キロか買って帰ろうと思ってます


e0155231_23200430.jpg



とはいえ娘のアレルギー症状、グルテンフリーによる改善後も、なんだかんだで一進一退を繰り返していたのですが、インドネシアに来た途端、小麦を控えて劇的に改善したときよりも更に劇的に改善し(笑 なんじゃそれ)、アレルギー?出てたっけ?くらいに現在改善中。。
これだけでもこっち来て良かった、、、←娘の湿疹改善が、今回の旅の目的のひとつでもありました
塩水もよいらしいので自宅では、塩浴もしてたのですが、ならばバリに行ったらついでに海に行ったらよいかなと期待していたのに、、海に行く前にほぼ治まってるという、、

でも、なんでだろうなあ 犬もネコは結構周辺にいるのに、、いまいるアパートの大屋さん家の犬も、勝手に入ってくるし、、、
(しかも、斉藤家の愛犬に衝撃的なほどそっくりの犬。娘は、反応からして多分、生まれたときから一緒にいる犬と、勘違いしていると思う。ちょっと大きいし、色も違うのだけど、、、顔がそっくり!)
やはり高温多湿だからでしょうか。平均湿度70%以上らしいです
でも家の平均湿度を70%以上にするなんて無理だしなあ、、
日本帰ったらまた出るのかなあ
悩みます、、、


いやー、しかし西洋の人々がグルテンフリー生活するのって、大変でしょうね
結構な覚悟がいるはず。日本人が、ライス・フリー・ダイエットするようなもんですよ、、、

ちなみに、グルテンには中毒性があるらしく、止めたら最初の3日~1週間は結構辛いです。わたしは、強烈にバター塗った美味しいパン食べたい~~!となりました。ですが、喉元過ぎれば、不思議なほど辛くないです。1週間後以降、うわー我慢できない!と思ったことは数えるほどもないです。参考までに。

長くなりました
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます!
by yuskaupstaourr | 2017-06-12 23:36 | INDONESIA | Comments(0)

子連れ旅であると便利!ベビーキャリー

e0155231_23133155.jpg

元々、この夏は登山に行こうと思っており、買おう買おうと言いつつ、新品買うのか、中古で買うのか、どんなやつにするか、、、と何ヵ月も悩んでいた登山用のベビーキャリー。
出発寸前に、やはりあったほうが良かろうと中古で急遽購入したのですが、持ってきて良かったー!

大人も子どももお互いにかなり楽で(重いは重いですが。。長く抱っこするのに比べたら、という意味です。)登山や旅以外に普段使いでも活躍しそうな予感です
e0155231_23143769.jpg


横からみるとこんな感じ。
ザックを床に立たせた状態で(アルミフレーム内臓で自立します)子どもを入れて、ベルトをすれば脱走できませんし、転けてしまうこともありません
そもそも視点が結構高いので、嫌がらず、脱走しようともしません
抱っこひもと違い、互いの間に空間があるので、暑くならないのも魅力です

子どものスペースの下に、アルミフレームが入ってるので、少しパッキングしづらいですが、25リットルの収納があります
工夫次第で、子どもの着替えやタオル、おむつなど必要なものは、一通り入ります

e0155231_23340900.jpg

↑サンシェードも付いてます(上2枚の写真は、サンシェード取ってます)し、レインカバーもあります
雨降ってるときに、レインカバー付けてまで、子連れで移動するとは思えませんが、急に降ってきたときには使える!

おすすめです♪



by yuskaupstaourr | 2017-06-08 21:23 | INDONESIA | Comments(0)

モンキーフォレスト

e0155231_23324006.jpg

ウブドの町の中心から歩いてすぐのところにモンキーフォレストはあります
ジャラン・ハノマン(ハノマン通り)を所有している村が所有している聖なる森で、中にその村人のお墓もあります
(1度お葬式?に遭遇したのですが、結婚式かと思うほど盛り上がってました。結婚式かな?と思って、あとからその方へ行くと、お墓があった!なんか明るくていいなあと思いました)

中はこのように、ほとんどの場所は歩きやすく舗装されており、ちょっと歩きにくいのは奥まった寺院に行くときだけ。

e0155231_23340900.jpg

地元の人がお参りに来られる中、観光客は入場料を払って入れてもらうことができます(いつ行っても凄い人!)

e0155231_23351551.jpg


e0155231_22312408.jpg


e0155231_22321984.jpg


e0155231_22331636.jpg

木のエネルギーが満ち満ちしていて、
かなり人が多いのですが、心が落ち着く上に、涼しくてとても素敵な場所です
神様おるなーって感じです。バリはそこかしこで、感じますが。

そして、なぜかあんまり写ってないけど、すごくたくさんの猿が住んでいて、猿にあげるバナナ売ってたり、結構賑わってます

我々も、初めて行ったとき休憩中に、娘にペットボトルを持たせていたら猿にサッと奪われたり、フォレストの外(森の外周に道があり、泊まってるところとスーパーマーケットの間に森があるのでしょっちゅう通る)を、スーパーの袋持って歩いてたら、奪われかけたりと、刺激的な日々を送っております(傘で戦う)
e0155231_22334704.jpg


手に何も持っていなければ狙ってこないので、とても穏やかな気持ちで散策できますし、(観光客としてスレてくると、スーパーの袋とか持ち始めるのでね、狙われますけどね。)

赤ちゃん猿は、むちゃくちゃかわいいです!
結構もう何回も通って、もういいかなと思っているのですが、娘の盛り上がり方が半端ないので(毎回テンションMAX!)通ってます
(入場50,000ルピア。約400円。早朝など窓口が開いてないときは勝手に入ってよい模様)
by yuskaupstaourr | 2017-06-06 23:31 | INDONESIA | Comments(0)

バリ島はウブドに来ております

e0155231_20523798.jpg


みたけさいとう商店は、ただいまバリ島はウブドに来ております

自営で商店を開店後、休みらしい休みもなく走り続けてきたので、思いきって休もう!ということで、バカンスです!
(とはいえ、夫婦共共商売道具持ってきている&仕事絡みの用事もなんやかんやあり、結局ワーカホリックなんですが。。)

しかしながら、二人でも各自でも、それなりに各国旅をしてきたさいとう商店ですが、子連れバックパッカーは一年生。
移動、宿探し、食事、危機管理、あらゆることが、大人だけのときとは違う!洗礼を受けております~

初日はちょっと焦りましたが、2日ほど経って大分ペースが掴めてきて、ゆっくり出来るようになってきました

一歳児、子連れ旅の珍道中に暫しの間お付き合いくださいませ

写真は、ウブドのモンキーフォレストという聖なる森の写真です
前回のウブド滞在では何故か行かなかったのですが、今回は近くに泊まってるので、ふらりと行ってみたら、、、むちゃくちゃ素敵な場所!
二日連続で涼みに行ってます
なぜ、前回行かなかったのだろうか、、

また改めてレポートします

by yuskaupstaourr | 2017-06-05 21:50 | INDONESIA | Comments(4)