みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

カテゴリ:INDONESIA( 79 )

幼児を連れた飛行機についてーバリ旅行記の最後にー

e0155231_22134049.jpg
これは、先月撮影したものではないのですが、、、ちょうどいい画像がなく。ただのイメージ画です。
(これは、空からみた富士山の写真です!)

友人知人にバリ行ったというと一番よく聞かれたのが、幼児を連れた飛行機がどんなものだったか、ということだったので今回の旅行記の締めくくりに、この記事にしたいと思います
ただ子どもによって、反応はまちまちだと思うので、あんまりあてにならないかなとも思いますので、
さらっと読み流していただければありがたいです

一番始めのフライトは、真っ昼間の3時間のフライト。名古屋から上海でした。
ちょうど肩ならしにはいいかなと、航空券を選ぶ際も、しょっぱなのフライトの難易度が低そうなものを選びました
調べてみると、離着陸で大泣きとか、小さな子どもは耳抜きがうまくできない場合、鼓膜が破れることもあるとか、
搭乗中ずっと抱っこでうろうろとか、、、調べれば調べるほど、壮絶な体験記が出てくるのでちょっとドキドキだったのですが、、、そこまで心配はいりませんでした

耳抜きに関しては、離着陸時にミルクやおっぱいを飲ませればいいらしい、ということだったのですが、、、
ゴオオーーー!といつもと違う空気感の中、そんなうまいことおっぱい飲んでくれまへん!って感じでした、、、
いろいろ気を取られるので、それどころではない感じでした。
でも、耳は気持ち悪いようで水筒の水を与えると、水飲むとよくなる、ってことは分かったようで
自ら水を飲んでいましたので、よかった、、、(一歳すぎ。0歳児は無理かもです)

こうして耳抜きも、離着陸の大泣きもなく心配していたことは全然クリアできたんですが、機内食が一番大変でした!
結構熱いし、狭いし、普通に大人だけで乗ってもちょっと普段の食事よりコツがいるのが機内食ですよね
膝上に子どもおって、どうやって食べるんーーー!って心の叫びでました
まず子供用ごはん(瓶詰めベビーフード)先に渡されて、そのあと通常通り配布されてゆく機内食、
そこに追加で渡される飲み物、、、!!!危険が多すぎ!!
子どもと食べもの、飲み物がまったく距離を開けられないのがこんなにも辛いとは。
空席などあればいいのですが、ぎゅうぎゅうでした。

大人用飲み物は、もらうことを諦めて、蓋付きのものを持ち込む(出国審査後購入するしかありませんが)のが一番安全かと思います(機内食の蓋付きの水もありますが、量が少ないのと、今回の水はプリンやゼリーみたいなアルミの蓋の水だったので、それだと子どもが自分の歯で穴を開けられることに気付くのは5分かかりません。気をつけないと、びちゃびちゃです!
ただ、それをチューチューやって遊びだすと時間をかせげるので、それを大人が飲もうと思わず、大人の飲み物は持ち込むのがベターでしょう 勿論、子どもの分も持ち込んだ方がよいでしょう(喉カラカラになるし。)
あ、子ども用の水筒は、取り上げられませんでした!あの「水を全て捨てよ」のコーナーでも!

子供用のごはんも、用意するほうがいいかもしれません(まずそうなベビーフードしか貰えなかった)
われわれは、行きも帰りも一本目はお弁当を持ってゆきましたが、二本目は無理だったので、機内食から取り分けましたが
身体によさそうとは思えなかったので。こだわり派の方は、何処行くにせよ、直行便がベターかも!

食事は戦いでした。計4回(行き2回、帰り2回、3時間と6時間。)のフライトで、一回だけ子どもが爆睡中にごはんが来て、本当に本当に助かった、、、、と思いました

あ、あとフライト前に毛布と枕(枕はふたつ貰えたら貰う)は絶対もらうべき!
膝上で寝させることになるわけですが、枕があるのとないのとで、大変さにかなり差が、、、!
どちみち大変なのですが、あったほうが快適に寝てもらえるはずです。

睡眠に関して、一番大変だったのは、動けないということでした 起こしたくない=→動けない!
われわれは大人二人のあいだの肘掛けを上にあげて、娘は夫のほうへも、わたしのほうへも行き来できるようにしていました。(ベルトは、大人のシートベルトにジョイントできるタイプ。そのつど、付け替えれば移動可能)どちらの膝の上で寝るかが運のつき。
だいたい私のほうで寝てしまうのですが、、、(3/4の確率でした、、、しかも長い方のフライトはどちらもわたし、、まあ条件(おっぱい)的に必然といえば必然。)帰りのフライトは2回ともわたしの上。
名古屋に着いたとき、夫が「帰りは楽勝やったな!」と言ったので、軽く殺意を覚えました(笑)

エコノミー症候群にはお気をつけて!!
以上で、6月のバリ旅行記を終了したいと思います〜おつきあいいただき、どうもありがとうございました!










by yuskaupstaourr | 2017-07-27 21:45 | INDONESIA | Comments(0)

安くて美味しい店シリーズ / ワルンワヤンーMSGについて追記しましたー

e0155231_15414051.jpg
今回の安くて美味しい店シリーズは、これを最後にしようと思います!
こちらは、暗い写真しかないけど、JL.ニューボジョーから一本西の通り、JL.ニューブランにありますワルンワヤン。
ニュークニン村(ご紹介していますあたり一帯の村の名前です)のサッカー場から南に下って一軒目です
(ちなみに、ニューボジョーは新猿、ニューブランは新月、JL.は、ジャラン=通り、という意味。)


e0155231_15420336.jpg
こちらは、インドネシア料理もあれば、それ以外のもの、トルティーヤとかもありますが、どれも美味しい!
ココナッツベースのカレーなどもありますが、優しい味わいです
(レトルト疑惑もあるのですが、、、とにかく優しいお味。レトルトにもNO MSGってのがありまして、それを使っているのではないかと予想。というのも、お土産に買って帰ったインドネシア料理のレトルトが、そのお店の味に激似だった)
↑写真にもありますよう、「NO MSG」ポリシーのお店なのでダメージかなり少ないです

※MSG,,,いわゆる旨味調味料、AJINOMOTOとかそういうものです。だいたいレトルトとか、店で食べるものには大量に入っているので(異国でも日本でも。と言ってもアジアだけのようです。気になる方は、MSG うまみ調味料、とかで検索してみてください〜〜)外食が続くと体調悪くなりますよね。
MSGは、心臓発作、偏頭痛、脳損傷、てんかん、糖尿病、下痢、関節炎、うつ病、めまい、ろれつが回らなくなる、注意欠陥、多動性障害、不眠、肥満などといった事柄の原因となりうると言われています。アジアでは、多く使われているのでわれわれはどうやら耐性があるらしいのですが、アメリカとかではMSG入ったもの食べて倒れて病院へ緊急搬送、なんていう人も少なくはないそうで、使用を禁止されている国もあるようです。)

滞在中は、ベパシ(数日前にアップした鰺の塩焼き食べれる店)、ここ、自炊、をベースにときどき違う店を挟んで
体調維持していました
しかしインドネシア、というかウブドは?なのかな?自炊するほうがお金かかったりするんですよね、、、
不思議なことに。
ずっと自炊が一番心が安らぐのですが(家で食っとけ、と言われてしまいそう笑)、
こちらではうまいこと外食しないと旅の予算をオーバーしてしまうという不思議。
インドネシア滞在スキルが低いだけかもですが。ウブドはタクシーも高いし、スーパーも高い。(いや、安いんですがね。)

余談ですが、サヌールではタクシー乗るときメーター使って、と頼むとメーター使ってくれるのですが、
ウブドでは絶対無理。なんか協定結んでるのか、勝手に安くできないのかなんなのか、絶対50,000ルピアと言われるのです。(約430円)距離に応じて、というかだいたい高過ぎるわっ近くやし、安くして、と交渉すると30,000ルピアくらいにはなるのですが、それでもメーターだと初乗り7,000ルピア(約60円。安すぎ、、)からなので、結構しっかり乗っても30,000ルピア越えることはないのです。

サヌールでは、荷物のある移動が多かったのでタクシーに乗る機会が多く、それでもメーター使ってくれない人はいなかったし、
かなりおトク感ありでとても助かりました。
逆にウブドでは、よほどでないとタクシーに乗ろうとは思えませんでした。(サヌールを知ると余計に乗れなくなった)

ウブドはともかく、サヌールはそう人気エリアではないので、、あんまり参考にならないかもしれませんが、、、
バリといえば、、クタ、レギャン、ジンバラン、とかそのへんの空港近いエリアだと思うので=
(そのへんについては、何も知らないに等しいです、、、)余談が長くなりましたが。

e0155231_15422251.jpg


こういう看板が掲げてあるから、レトルトではないのかな
ちょっと真相は不明ですが、美味しくて身体の負担が少ないことは確かです!
(バリは、全体的に辛さに対して観光客にかなり合わせてくれてる印象。ジャワ島のほうが、全体的に辛い気がします。
↑まあ、インドネシア料理は辛いのが美味しいんですが。調子にのって食べるとお腹がぶっ壊れます)





by yuskaupstaourr | 2017-07-23 21:30 | INDONESIA | Comments(0)

フレッシュ・ターメリック

e0155231_01390565.jpg

ターメリック、つまりウコンですが、、、だいたい粉末になってるものを食すことが多いのではないかと思います

わたしは今回のバリの旅で、初めてフレッシュ・ターメリックを食べるよろこびを知りました
インドネシアでは、ジャムウという健康ドリンクがあるのですが、そんなに詳しく知らないのですが、どうやらターメリックがベースのハーバルドリンクみたいなもんらしいです

借りてた部屋の近所に美味しいジュースを出してくれるお店があり、しょっちゅう飲んでたのですが、それが五種類くらいあって、イチゴ、ドラコンフルーツ、バナナ、メロン、パパイヤなどのフルーツと、ココナツミルクかココナツウォーター、そしてカシューナッツ、カカオ、はちみつ、ほうれん草、パンダンリーフなどなど、、のアクセント食材のいろんな組み合わせでできたジュースで、どれもとっても美味しい!

ターメリックをジュースに入れると美味しいなんて、目から鱗でした

カレーに入れても、粉末を入れるのとは香りもまったく異なります
新生姜と生姜の違いみたいなもんですかね
もっと簡単に手に入ると嬉しいな 栽培すればよいのかな
日本では沖縄のイメージですが、、、岐阜でもできるかな、、、





by yuskaupstaourr | 2017-07-23 21:19 | INDONESIA | Comments(0)

安くて美味しいお店シリーズ / ワルン ブナナ

e0155231_22343613.jpg

滞在中、ほんの数泊だけサヌールという海辺の町へ行きましたが、
そのとき発見したお店、ワルンブナナ

ここはご飯やさんというより、軽食やさん、ファストフードの感覚に近いかと思います
カレーとターメリックライス、ロティ(パンの意味ですが、パンというよりクレープとかに近いかも?)のお店で、ローカルの人が、仕事帰りにロティを持ち帰りしにバイクで遠くから買いにきていたりと、地元民にも人気のお店。

インド風?マレーシア風?ちょっとよーわかりませんが、はまってしまうこと間違いなし!

ターメリックライスは超濃厚で、(写真なし、、、)ターメリックとシナモンが、がっつり効いた真っ黄色のご飯。
ターメリックライスのみで食べて美味しいと思ったのははじめてかも。カレーと食べるものだと思ってたけど、
これなら、それだけでも食べれるほど美味しい。くせになる濃厚さです。

カレーも一緒に注文しても、どちらも少な目なので、そのままロティに突入できます
ロティは、30種類くらいあるメニューから選べます
チーズとかチョコ、ココナツ、バター、等々、無数のトッピングの組み合わせが、、、(しょっぱい系、甘い系、両方網羅してます)
ロティとは?→参考まで。(ワルンブナナのは、ここのように、クラッシュはしてませんでした)

飲み物は、カレーに合わせてかインド風のチャイ(テ・タリック、われわれでいうところのミルクティです)があるのですが、インドと違うところは、暑いのでアイスがあること!冷たく冷えたテ・タリックは美味しい~


e0155231_22353089.jpg

インドネシアでは、かなり珍しいオープンキッチンのお店で、若い男の子たちが働いています
(女の子がいないのがポリシーっぽい。なんか若い男衆が働いてるラーメン屋さんとかみたいな、そんなイメージ)
きびきび働いていることも、割りと珍しい
ロティ係、テ・タリック係、ターメリックライス係、注文とる人がうまいこといいタイミングに上がるよう采配してゆくのを見られるので、待ってる間もなかなか楽しいです

サヌールの目抜通り、ポピュラーとかハーディーズ(スーパーマーケットです)とかある通りをずっと南、JL.バイパスに合流するところにあります(目抜通りから、JL.バイパスのカーブに沿って一回曲がるかも?)






by yuskaupstaourr | 2017-07-22 00:12 | INDONESIA | Comments(0)

J L.ニューボジョーの安くて美味しい店 その1ーワルン ベパシー

e0155231_23560077.jpg
バリの記事、いくつかオープンしてない記事がまだ残っているのでちょっと時間が開いてしまいましたが、続きます


食べ物の写真がないのですが(なんか撮ると貧乏臭く写ってしまって、、)ウブド滞在でインドネシア料理に飽きたり疲れたりしている日本人の方に超おすすめな店、ワルン・ベパシ
(JL.ニューボジョーのWANA RESORTという大きなリゾートヴィラより、ちょっと南にいったところ)

ここは魚料理の店なのですが(ウブドは内陸部ですが、バリ島は小さな島なので内陸部でもお魚が楽しめます。最初は、海から遠いし新鮮な訳はない、、と思って警戒していましたが、全く問題なし)
店のおすすめ定食が2種類あって、それがイカン・バカール(言うなれば焼き魚定食)と、イカン・ゴレン(揚げ魚定食)
(正確には4種類なのですが、この2種類のスープ付きかそうでないかの×2で4種類。※スープは激辛)

そのイカン・バカールとは、見た目も味も何もかも、鯵の塩焼き定食なのです!!
ついてくるお醤油も、本当にお醤油。鯵の塩焼きにお醤油かけて、白ごはんといただけるのです!
異国滞在中の日本人にとっては、本当にテンションの上がるメニュー。何度お世話になったことか。。
ダメージまったくなし。ちょっと胃が疲れてきたりしても、2回連続これ食べれば復活できます。

最近は、インドネシアもリタイアメント・ビザとかで積極的に定年後の日本人を呼び込もうとしているようなのですが
ここはそういう方にも人気があるようでした。いつ行っても、いろんな年齢層の日本の方がいましたが、
かなりお歳を召された方でも、ここは美味しいと思います。
おじいちゃん、おばあちゃんもしょっちゅういらっしゃってました。

ちなみに、お醤油とサンバル・マタ(バリ島の辛いソース)が付いてくるのですが、ワルン・ベパシのサンバル・マタはむちゃくちゃ辛いのですが、むちゃくちゃ美味しい!!!(いろんなサンバル・マタを食べましたがここがピカいち)
魚の塩焼きって、お醤油が一番!と思ってたけど、お醤油以外でもいけるんやな、、ということを知りました
香味オイルのような感じなので、油のってる魚にはあんまり合わないかもですが。

また、付け合わせに野菜の炒め浸しが付いてきますが、少な目なので、サイドメニューも頼むとますます完璧です
テリヤキ・チュチチュミ(烏賊のテリヤキ)や、チュチチュミ・サユール(烏賊入り野菜炒め)、海老の丸焼きなんかもありました
タコの唐揚げなんかもあったと思います
前述しましたが、スープが激辛です(一回だけ食べた)
ここの定食食べるときは、スープは家で作っていました

娘が一歳を過ぎ、外食はかなりハードルが上がってきたので(日本、インドネシアにかかわらず。)、
外食のときは、ほとんどお持ち帰りして、部屋のテラスで食べていました
インドネシアはそもそもお持ち帰り文化が発達していて、さらに長期滞在者が多いエリアということもあってか、
近隣のお店はどこもお持ち帰り可能だったので、助かりました

ちなみに、定食ふたりぶんと、白米一人前、そのほかオカズを買っても、だいたい一食500~600円くらいというリーズナブルさでした
おすすめです!





by yuskaupstaourr | 2017-07-21 01:20 | INDONESIA | Comments(0)

今回の宿

e0155231_00062150.jpg

今回はウブドの中心にあるモンキーフォレストの南側にありますニュークニン村のホームステイタイプのアパートメントを借りました。地元の人の家の一角なので、とても安心して滞在することができました

ダイニングは、↑このようなオープンテラスになっています




e0155231_00073220.jpg
ダイニングテーブルと、ソファー代わりのシングルベッドがひとつ。
インドネシアの家は壁や、窓にガラスはないのが一般的ですが、ウブドは朝から夕方前まで、
ほぼ蚊がいないのが素晴らしい

夜はいますが、おっとりした性格のが多いです。虫除け、蚊取り線香、手でたたく、などで撃退出来ます
(1度サヌールという海辺の町に旅行に行ったのですが、多いし、強いし、朝イチから飛んでるし、そして速い、、、!
叩けないほど速く、蚊取り線香も効かないので、つらかったです)





e0155231_00084212.jpg
テラスの正面は、リゾート・ヴィラの裏庭でたまに草刈りをしている人がいる程度。






e0155231_00110376.jpg
奥に寝室。ベッドには蚊帳がついていますので、かなり快適に眠ることができます
蚊帳は、蚊を避けるだけでなく、とかげの糞を避けてくれます(天井にトッケイが住んでいて、フンを落としてきます)
6月のウブドは、寝るときは長袖でしっかり布団を被って寝れるほど涼しい。
昼間も暑くても30℃でしょうか、日陰は涼しいので過ごしやすいです帰国が恐ろしい、、、
(帰国前に書いてたのですが、帰国した日は恐ろしく暑かった、、、日本は室内が暑いですよね)




e0155231_00120761.jpg
右手がキッチン、写真は以前アップしました 冷凍庫付きの普通サイズの冷蔵庫あります左手がデスクスペース




e0155231_00130892.jpg
デスクからの眺め





e0155231_00141370.jpg


e0155231_00095129.jpg
テラスの梁をささえるところになぜか人の像があしらえてあるのですが、、、




e0155231_00150483.jpg
笑っている!




e0155231_00155951.jpg
こっちはわらってはいないけど、、、どちらもなかなかに辛そうで、背中が物言ってきます






e0155231_00170459.jpg
近くのメイン通り。JL.ニューボジョー。混雑する時間もありますが、基本的に静かで、夜も落ち着いていて過ごし易いです。長期滞在者が多いエリアらしいので、強引な客引きなどもまったくおらず、至って静か。落ち着いた滞在を望む方にはおすすめのエリアです
路面はリゾート・ヴィラの入口、レストラン、商店、ワルン(食堂)、ランドリーなどが、ぽつぽつ並んでいます






e0155231_06573768.jpg
あ、あとお風呂はホットシャワーがついていました!
今回娘が小さいこともあって、さいとう商店大幅に一日の宿費をアップしました
(以前はネパールで460円/日とかでしたので、ホットシャワーは天気がよいと20秒使える、とかそういう感じでした)
今回のお部屋は約2000円/日でしたが、シャワー環境は驚くほどよかったです
いやー4倍お金出してよかった、、、(それでも十分リーズナブルですけど、、、)

2分くらい熱い湯がしっかり出る、その後も再着火すれば何回でも出るので、続けて入れる。←2分くらいで一回出なくなります。日本人的には、なぜ2分で一回切れるの?ってかんじですけどね、、、続けて出てくれるところに感動)




e0155231_06591201.jpg
シャワー、トイレからもいい眺めです 毎日赤い花にハチドリがいるのを眺められました









by yuskaupstaourr | 2017-07-06 08:40 | INDONESIA | Comments(0)

オーガニックマーケット、ショップなど

先日は、東別院手づくり朝市にたくさんのご来場ありがとうございました!

最近、東別院手づくり朝市の主催の方々が新しくミーツオーガニックマーケットというマーケット(毎月12日、東別院さんにて開催中)を始められましたが、

(みたけさいとう商店も、今年の仕込みからオーガニック柚子なんばんを製造し、出店したいと希望しております。この冬から参加、発売出来るとよいな、、、まだ無理かもですが。。)

ウブドでも、各地で週に三回ほどオーガニックマーケットが開催されています

e0155231_00011864.jpg


先日、PIZZA BAGUSというピザ屋さんにて毎週土曜開催のオーガニックマーケットに行ってきました
(マーケットの写真撮り忘れた)
野菜、果物、豆、ココナツオイル、カカオビーンなど購入しました
ココナツシュガーやココナツオイルなど、南国ならではのものもたくさんあるので、楽しい

e0155231_00021377.jpg

これが砕かれてカカオニブになるのだな、、カカオビーン、初めて見ました
砕くの大変なのだろうか、カカオニブ買ったほうがよいのだろうか。
グルテンフリー生活の、気軽に食べれるおやつとして、カカオニブをよく食べていたので、ビーンを買ってみました
かなり歯ごたえありそう。一粒で大満足出来そう。

小麦食べれないので、(前述のグルテンフリーの記事参照)食べてないですが、ピザも美味しそう、、、
Pizza BAGUSさんは、店内にもちょっとした食品コーナーがあって、マーケット開催日でなくとも、オーガニックのお米やおやつなど購入することができます
また、チーズやサラミ、ハムなど量り売りでカットしてくれるのですが、どれもリーズナブルで美味しい!
自炊生活の心強いお供です

e0155231_00031222.jpg

勉強のため、こちらのオーガニックショップもいくつか視察に。↑Down to the Earth、は通称かな?そう呼ばれていますが、お店の入り口には、Earth cafe&Marketとありますね

こちらは、2年前来たときは、工事中だったような。
ナチュラルな蚊取り線香、野菜、卵などもあるので重宝しました
店内もすっきりして見易いです




e0155231_23222300.jpg

こちらは、Bali Budda.
こちらもオリジナル商品も多数の、野菜や果物、パンやケーキ、お米や調味料から化粧品、洗剤までなんでも揃うショップです
こちらは、レストランは少し離れた場所にあります(そっちは行ってない)

e0155231_00040860.jpg

ココナツやカシューナッツ、シリアルなどの量り売りコーナーもあり。

スーパーより高いものもあれば、なぜか時々安いものもあり、何をどこで買うかは経験を積むしかない
結構、借りてる部屋から遠いのですが、時々まとめ買いしに行きました
あれはこっちが安い、とか値段覚えてくると、便利です



by yuskaupstaourr | 2017-06-30 22:33 | INDONESIA | Comments(0)

芸能に親しむ

e0155231_23150280.jpg

ウブドでは、毎晩何処かしらで、ガムラン、踊り、ワヤン・クリッ(影絵)などのインドネシアの芸能を観賞することができます
ツーリスト・インフォメーションに行くと、週変わりの予定表がもらえます

が、夜なので(だいたい18:30~20:00とか。20:30くらいまで)子どもを連れてゆくにはなかなかハードルが高い。
先日、シュミレーション・デイを設け、夕方にしっかりお昼寝、ちょっと夜のお出掛けをしてみて、行けそうだったので、ジェゴグを聴きにゆきました↑

ジェゴグは、バリ島の西の方ヌガラ地方の伝統芸能だそうです
竹のガムラン。凄い響きで、早弾きなのでテンションあがります~!かっこいいー!
竹と木のバチと人間、というナチュラルなものだけの生音であんなに響くなんて!その場所が本当に音に包まれます。
開演前は、蚊が飛んでましたが、始まると居なくなります
空気が震えるので、飛んで居られないのでしょう

眠くて愚図るかなーと思っていた娘も大興奮で、とてもよい経験となりました
がんばって連れていって良かった~



e0155231_23190114.jpg

大喜びだったので、ジェゴグ好きなんやなと思い、数日後別の村で開催されるものを聴きにゆきました

e0155231_23205765.jpg

こちらは、高さ3mはある巨大ジェゴグが最後登場するなど、これまた面白かった、、、!


e0155231_23221544.jpg

2回目も、娘はかなり楽しんでおり、踊りの人が踊っているところの舞台へ何度も上がって行こうとしていました

昔、ジャワ・ガムランを習っていたことがあるのですが、公演のときよく、小さい子が上がってくることがありました
よくあることなので、気にしないでください、大丈夫ですよ、というような説明を代表者が挨拶してから公演していたことを思い出しましたが、本当に子どもって上がるんだなあと実感。

なんなんだろう、惹き付けられるようです

e0155231_23233031.jpg

さらに数日後、ワヤン・クリッも観賞しました
ダラン(影絵使い)と、楽器置いてある側からも、影絵側からも見せることができましたが、、、


e0155231_23242919.jpg

こちらも、興味津々でしたが、夜は夢を観たようで、珍しく夜泣きしていました
ちょっと怖かったみたいです
(娘が起きたとき、まだ大人は起きていたので、お父さんがワヤンの真似をしてみせたのが怖かったのかもしれない、、、笑
←そのあと、キャー!と泣いた。かわいそうなことをしました笑)

現在、ウブドからサヌールという海辺の町に移動して3日経ちました
そのまま帰国まで滞在しようと思っていたのですが、いろいろ都合あり週末またウブドに戻ることに。
もっかいくらい、ガムラン聴きにゆけるかな、、、



by yuskaupstaourr | 2017-06-22 23:00 | INDONESIA | Comments(0)

お供え物

e0155231_22311304.jpg


バリ島は、インドネシア唯一のヒンドゥー教の島ですが、神様は至るところにいらっしゃるという日本の八百万の神にもちょっと通ずるところのある考え方で、毎日、本当に至るところにお供えがしてあります
家の玄関、庭先、台所、道端、お店の前や、塀など、どこでもお供えがあります
一辺10cmくらいの四角い篭にお花やらお米やらお香やらをセットにして、一日に何度もお供えをします
お供えをたくさん載せたお盆を頭にのせて、ひとつひとつ置いてゆく女性の姿はとても美しいです(男性もたまに見るけど、ほぼ女性がやっている気がする)
水をピッピッとかける(表現力が乏しくてすみません)作法がとてもきれいなのです

e0155231_23071089.jpg


また、こういうお地蔵さま的な神様の場所が、道端にたくさんあって、それにも毎日お供えがあるのですが、ある日いつもより豪華にお供えされており、何か儀式が執り行われており、祝日であることを知りました↑


e0155231_23075140.jpg

普段は壇上にちょっとだけ。ねこちゃんがつまみ食いしています
(地べたに置いてあるお供えは、犬がつまみ食いする)


e0155231_23083432.jpg

儀式の翌日は、色とりどりの篭が洗って干されていました

e0155231_23093141.jpg

e0155231_23101372.jpg




by yuskaupstaourr | 2017-06-21 22:15 | INDONESIA | Comments(0)

周辺の散歩道

e0155231_22425095.jpg

宿周辺のヴィラやホテルの裏に回ると、のどかな田園風景が広がります
夜は蛙の声も凄いし、蛙、蛍、田んぼ、、それが、ウブドのイチオシ風景みたいなんですが、そういうあたりは御嵩とそう変わらんかなって、、、笑

御嵩って、ウブドや、ネパールのポカラのように静かでええとこやな、しみじみそう思います

御嵩も、ウブドやポカラみたいに気軽に入れる食べ物やさん、宿屋さんエリアを作れば、長期滞在の外国人とか集まれそうですがねえ。日本に来る外国人にとってのウブドやポカラってあるのかな?大都市以外に旅行者が行って、ついつい連泊する町って、、日本にあるのだろうか。

e0155231_22543803.jpg

天気がよいと、山も見えます

e0155231_22561019.jpg

夕方は猿の食事タイム。モンキーフォレストの猿たちがおります

e0155231_22573413.jpg


e0155231_23004411.jpg

このあたりは、プライベートレンタルハウスがちょこちょこあって、プール付きだったりします

とても静かなエリアなので、リタイアメント・ビザかなーと思われる老夫婦が多くいらっしゃいます
そんな老後もよいな、、、(まだ早いか)


by yuskaupstaourr | 2017-06-17 15:20 | INDONESIA | Comments(2)