みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

おむつなし育児

e0155231_16021832.jpg


子育て開始から、はや60日以上過ぎました 光陰矢の如し、、、

育児を始める前のイメージでは、赤ちゃんというのは、のべつまくなしオシッコしたりしていて、
おむつをしていないと、常にびしゃびしゃで、収集がつかないのかと思っていました

が、ところがどっこい、実は赤ちゃんも、寝ながらオシッコってほとんどしないんですね
大抵、起きてからする  わたしにとっては、意外な事実でした
(新生児のころは、ちょびちょびしょっちゅうしてましたが)

そんな折に、インターネットで、ふいに見つけたことば「おむつなし育児」

おむつなしで赤ちゃん生活できるの??と思いましたが、なんか面白そう、
その場で本とおまるを購入し、生後20日目くらいから試してみました

「おむつなし育児」というのは、赤ちゃんのトイレトレーニングではなく、コミュニケーションだそうです
(いまだ本は全部読んでなくて、適当に始め方だけ見てやってるので、説明も正確ではないかもしれません)
赤ちゃんだけでなく、そもそも動物は本能的に自分の排泄物で身体が汚れることを嫌うので、
赤ちゃんも当然そういう感覚を持って生まれてきているそうな
おしめの中で、うんちやおしっこをするのは、生まれてきてからお母さんの顔やおとうさんの顔やらおっぱいやら
哺乳瓶やらを覚えていくように、生まれた後で(本能にはないけど)そうしなければならないのだな
と覚えてできるようになるのだそうです

なので、赤ちゃんのおしっこやうんちで汚れるのが嫌だ、という感覚を活かして
はなっからおまるでするようにすれば普通にできるようになるというわけです
(一歳をすぎてから、それ以上からでも始められるけど、新生児とは方法が違うらしいです
本には書いてあるので、興味ある方は本をご覧ください〜)

赤ちゃんの観察を日々行い、うんちするな、とか、おしっこするな、とかいうサインをなんとなくキャッチしていると、結果、密なコミュニケーションがとれるようになるというのが「おむつなし育児」の醍醐味(?多分!)らしい

本によると、生後八ヵ月で完全におむつなしでパンツだけ履かせてます、って人もいるらしいですが、
わたしはそこまで徹底してやるつもりもないので、やり方はものすごく適当(サインをキャッチしたときだけ答える)
なのですが、、、というのも、おしっこの回数が多すぎて付き合いきれない(笑)
なので、本当の意味でのおむつなし育児が出来てるのかどうか、よくわかりませんが、、、
とりあえず、面白いです

うんちは、とてもわかりやすいので、するな、と思ったらおまるに乗せて、一緒に取り組みます
応援して、うんちが出るのを一緒に待つ
おまるにうんちが出た(採れた)ときの喜びというか、達成感というか、、、とりあえず、かなり楽しいです

よく育児本なんかに、おっぱいをあげるときに話しかけましょう、とか書いてありますが
話しかけるっていっても限度があるやろ〜とわたしは思っていて、、というのも、ネタも尽きてくるし、
向こうが半寝のときもあるし、こちらが半寝のときもある
必死ておっぱい飲んでる姿みてると、はじめ少し話しかけたとしても、後は邪魔かな?くらい夢中だったり。

それに比べると、おまるの上では、話すネタ、尽きることなし!!

おむつをはずして、移動させるあいだ、「ちょっと待って!いまおしっこしたらあかんで!」からはじまり、
「いいよーシーシー」とか、「うーーーん」とか、「がんばれー」とか、「タイミングまだやったねー」とか
「もう出る?」とか、毎日そのやりとりをしていると、お互いの表情でコミュニケーションがかなりとれるようになってきます

「まだ」のときの顔、「もうでる!」ときの顔、すぐまたもう一回おしっこするときの様子、とか
決まりのパターンがあり読み取れるようになると、これまた楽しい。
読みを失敗しても、まあおしめが濡れるだけのことです

我が家は、さきほども書いたように完全におむつ外しの状態を目指してるというわけではなく
ただ単に、おしっこのおむつだけだと洗うのが非常にらくちんで、嬉しい、というのも魅力

この方法だと、うんちは大抵採れるので、うんちおむつを洗濯することは、あんまりありません
布おむつは、うんちのおむつを洗うのが面倒、という方多いのではないでしょうか、、、
そんな方に、とってもおすすめしたい方法です お金もかからないし(紙おむつ高くてびっくり)、ゴミもでないし。
(赤ちゃんが生まれたら、ゴミが増えるから、と役場からゴミ袋支給してもらいました それもなかなかびっくり。
そんなとこ、気を利かせてくれるんや〜みたいな、、、笑)


余談ですが、あかちゃんのうんちは、ターメリックのように鮮やかな黄色(いろいろでしょうが、我が子は黄色)で
おむつをうんちにしたときは、おむつが黄色く染まります

草木染めのときは、紫外線による退色が恨めしかったのに、おしめに付いたうんちの色が、お日様に当てると
きれいになくなるので、紫外線の力、すごーい!と喜ぶわたしは、お調子者でしょうか、、、
結局、天然の色素というのは、紫外線に分解されるのでしょう

日々勉強です
by yuskaupstaourr | 2016-06-06 21:08 | 育児 | Comments(0)