みたけさいとう商店 by yuyutsuboi SAITO

時間はあるがお金がない仲間達に朗報!ソープナッツについて

e0155231_14511963.jpg

もちろん、時間もお金もない人にも、時間もお金もある人にも!朗報です!

こちらがソープナッツです
そもそもの始まりは、ネパールのポカラ超!節約生活!でした

草木染めをするにあたり中性洗剤かそれに代わるものが必要だったのですが、ソープナッツというものがあり、しかもインド、ネパールには自生しているということを調べているうちに知りました
そして、ポカラのメインロードにある「フィッシュテイル・オーガニック・ショップ」というしょっちゅう行っていた生活雑貨やさんで、それを発見したのでした

リキッドと実と両方販売されていて染め物の洗濯に使っていたのですが、いろいろ調べてみると、掃除、洗濯、食器洗い、と何にでも使えるではありませんか!いろいろ買わなくてもいい!というのが、節約生活をしていたわたしたちには、最強のアイテムでした

とはいえ、ナチュラルな洗剤ものにありがちな、使用感の物足りなさはあるだろうなーと(なんせ、実、そのものですし)思っていたのですが、、、が、が、その良さを知ってしまっては、、、!御嵩斉藤商店で扱わないわけにはいかない!!に至り、使用後ますますファンになってしまったというわけです


使い方を書いたものが出来たので、お店の一等地に配備!イチオし商品です

e0155231_182401.jpg

以下、画像の紙に書いてあるままの文章

ソープナッツとは?
ソープナッツとは、別名ランドリーナッツとも呼ばれるインド・ネパール・インドネシアなどに広く自生する植物の実です(ナッツではありません)インド・ネパールでは「リタ」、インドネシアでは「ルラック」、日本では「ムクロジ」と呼ばれ、戦後までは日本でも使用されていました

ソープナッツの殻には、多くのサポニンが含まれています。
サポニンは鳥や虫(人間にとっても食用は)毒になるため食べられることがありませんので、
農薬を使う必要がありません。やせた土壌でもよく育つため、肥料も必要ありません。
100%ナチュラルな洗剤なのです


ソープナッツ豆知識
ソープナッツには黒いまん丸の種が入っています。
日本では昔から羽子板の先っちょの黒い玉として使っていたそうです
また、お釈迦様が「ムクロジの種を数珠にしなさい、そうすると煩悩は消えるであろう」とおっしゃったそうで、、
日本では神社・仏閣の周辺に生えていることが多いとか、、、108個集めてみるのもいいかもしれません



e0155231_183847.jpg


ここには書いてませんが、はみがきもできるようです
まずは、おそうじだけ、洗濯だけ、とライフスタイルに合わせて始めてみてほしいー
ソープナッツさえあれば買わないといけないものが減るというのが、ものすごくおすすめしたいところです
経済的!!

これはネパールにいるときの写真ですが、食器洗い用、洗濯用にリキッドを作っていました
e0155231_1514254.jpg


1リットルくらいの水に10個くらい入れて一晩つけておき、翌朝一煮立ちさせて冷めたら図のように容器に移しておけば、食器洗いやお洗濯に使えます
保温ポットであれば、一晩つけておいたのそのままでも使えます
この方法では、そんなに泡立ちはありませんが、汚れはしっかりおちます
ソープナッツを使っていると、その下水や配管まできれいになってしまうというのだから、凄い。

煮だしたソープナッツも、袋に入れて洗濯物につけ置きしたり、身体や顔を洗うのに再利用でき、ぼろぼろになるまで使えます。我が家は帰国してからも、洗濯に、掃除に大活躍しています


e0155231_1821487.jpg


リキッドとパウダーのほうが使い勝手はいいので販売も視野にいれていますが、
いまのところは実!を量り売りで販売中   御嵩斉藤商店にて、¥200/100gです
100gでだいたい20~30個くらい、お洗濯なら20~30回分です

1kg買えば、4~5人家族で使い切るのに一年以上かかるとか。
あらゆる洗剤代、一年で2000円と思えば、ほんとーにほんとーにおすすめしたいです
by yuskaupstaourr | 2014-04-12 15:21 | みたけさいとう商店 | Comments(0)