みたけさいとう商店 by yuyu SAITO

バティック(ろうけつ染め)教室のお知らせ

e0155231_18161388.jpg


2016年1月より、休業させていただいております
詳細は→→こちら
ご理解ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます


一日体験ワークショップ:
昼食、下絵を準備いただいた上で、10時くらい〜17時くらいまで
お茶付きで3500円

近くにお昼ご飯を食べられるところがあまりありませんので(駅前に少し)
食事付き(ランチ)で4000円
(※2015年5月より料金改定させていただきました すみません よろしくです
詳細は→→こちら


二回目以降、通って制作していただく場合:
材料費、燃料費等として2500円いただきます。ただし、作業する時間によって相談可能です

一日の定員は3名様、要予約で、できれば一週間前くらいまでにご連絡いただけると助かります
日程は、ご希望の日でお尋ねください(その日無理!とかは、たまにあります)
お問い合わせは、

yuyutsuboi@gmail.com まで

場所は御嵩斉藤商店(名鉄広見線御嵩駅から徒歩5分)になりますが、
作業は店内でしていただくことになります
講師は店員を兼ねております(←わたし、、)あらかじめご了承くださいますようお願いいたします



ろうけつ染めは、日本はもちろん世界各地で伝統的に伝わる染色技法です
なかでもインドネシアではその技術はバティックと呼ばれています
2011年、2013年は夫とともにインドネシア、ジャワ島のジョグジャカルタという街でバティックを学んできました
わたし自身もまだまだ学ぶべきことが多くありますが、御嵩斉藤商店にてバティック教室を開催させていただきます

簡単に行程のご紹介!
ロウ止め作業:
ロウを鍋にかけて溶かし、それをチャンチンという専用の道具や筆、刷毛などを使って布の上に絵を描いてゆきます
e0155231_18435569.jpg

写真は2011年に一緒に行ったクラフト作家の奥むつみさん



布を染める:
薄い色から染めていって、染めた上から 塞ぐべきところはロウで塞ぎ、 塞いでいないところはより濃い色に染めてゆく、、という行程を何度も繰り返して絵を作ってゆきます
e0155231_1847288.jpg




脱ロウ:
染めの行程がすべて終わると、脱ロウします。沸いた熱湯に布をいれザボザボとロウを溶かし落とします
同系色であれば一回で終わりますが、色柄によってはそこからもう一度同じ行程を繰り返して何度も脱ロウすることもあります
e0155231_18541313.jpg



乾燥:
脱ロウが終わると、布を水洗いして乾燥させます。乾燥すれば出来上がりです
e0155231_18564297.jpg

このように、火と水とロウがあればどこででも出来る、シンプルな方法です

ご興味持たれた方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださーい
御嵩斉藤商店は、名鉄広見線御嵩駅から徒歩5分です
by yuskaupstaourr | 2014-04-06 19:07 | みたけさいとう商店 | Comments(0)